So-net無料ブログ作成

プレ・ペーパーバックの児童書を読む セレクト17(その1) [児童書を読む]

プレ・ペーパーバックの児童書を読む セレクト17(その1)  

先に、優勝記念号として、ペーパーバック入門?をお届けしたのですが、どうも、フレンドリー度が足りなかったようでございます。

フレンドリー度ゼロのブログから脱却するためには、やはり、推奨する本を提示いたしまして、
これなどはいかがでしょうか?
こちらはオススメでございます、
というオーダーメニュが必要である、ということに思い至りました。

☆☆
実は、ですね、
大阪方面のあるブログを訪問しておりまして(足立sunnyの3倍長く、10倍面白い、マダム関係のあるブログですね)、どうも、児童書というヤツをですね、見たことがない、どういうものがあるのかよくわからない、という方が大勢いらっしゃるのではないか、ということに気が付いたのです。

ウチには、…というほど、たくさんありますので、当たり前のように思っていたのですが、丸善、紀伊国屋、ジュンク堂などの大手書店の洋書売り場、その一角の「児童書」コーナーにワザワザ行かなければ、出会わないのですね。

つまり、フツウに英語の学習をしている限り、「知らない」、ということになります。

世間の評判にも、フツウは出てきません。近年、出てきたのは、ハリーポッター(J.K. ROWLING)とホールズ(Holes:LOUIS SACHER)ぐらいですね。

ホールズは、ハリポタを抑えてニューベリー賞(世界的な児童文学賞)を受賞しましたから、普段は児童書など読まない英語の諸先生方も、「これはよい」「これはオススメ」と、大合唱です。

確かに、サッカーの本は、良い本が多いと当方も思いますが、オススメ軍団の英語の先生方の多くは、「ハリポタを抑えてニューベリーをとった本=素晴らしい=オススメ」 plus 多くの人が薦めている=サッカー以外の児童書はよく知らないが、この本は自信を持って薦められる、という図式ですから、なんだかなあ、という感じです。

まあ、ハリポタは読めないけれども、ホールズなら読める、というのも、推奨理由の一つかもしれません。

☆☆
改めまして、よく考えてみれば、ですね、
英語をやられている方のほとんどは、
読書以外のフツウの英語の勉強・学習をされているわけですから、

そういう一般の英語・英語されている方の認識は、

洋書=ペーパーバック(大人)
洋書=絵本(子供)

という認識に近いと思われます。

そこには、「児童書」「青春書」といった、中間のものは、入り込む余地がありません。

それでも、古典的な有名どころの児童書は、名前を挙げれば、「ああ、そういえば」と思い当たる方も多いことでしょう。
「トム・ソーヤーの冒険」「あらいぐまラスカル」「大草原の小さな家」などですね。

☆☆
他のものは?と問われても、見たことがないのでわからない、という感じなのだろうと思うわけです。

やはり、
こんなものがあるんですよ、
こういったものもありますが、
ということを、ですね、皆様にお伝えしないといけないのではないか、
と実感する次第であります。

そこで、今回から、何回かに分けて、「児童書 セレクト17」ということで、テキトウに選んだ17冊の本を、ー(主に表紙だけを中心に)ー、かいつまんでご紹介しようという企画であります。

17というハンパな数としたのは、17才の高校生に向けて、というよりも、単に、当方が好きな数字だからです。
けっして、後から数えたら17冊紹介していたから・・・、ではありません。

ある程度、ニューベリー作品が入ってきますが、これは作品そのものの評価とお考え下さい。当方としては、受賞というだけで、オススメしているわけではありません。

ここでご紹介する児童書には、絵本・絵本したものは含みません。
グレードリーダーのような学習目的の本も除外されます。
ワリとやさしい本もありますが、プレ・ペーパーバック:ペーパーバック一歩手前、という本も、多く紹介したいと思います。

ただし、詳しい解説/アラスジなどは、書かない方針です。ナシですね。

面倒だから → いちおう、チガイます。たぶん。きっと。

ご自身で読んでいただくのが目的ですから、情報として、必要最低限のものだけ、開示するものです。
不親切だとお思いの方もおられるでしょうが、設定やアラスジなどを知ってしまったのでは、楽しく読めません。

ご自身で、その面白さを堪能していただきたいのです。

少し、前置きが長くなりすました。
では、まず最初の「セレクト17」(その1)を、以下にご紹介します。

☆ ☆
まずは、SHARON CREECH の本を二つ。シャロン・クリーチの児童書は、どれも魅力的ですが、なかでも読みたいのはコレですね。個人的には、WALK TWO MOONSはナミダがチョットこぼれました。これはどちらも、ニューベリー作品です。
画像0810 006.jpg画像0810 007.jpg

☆☆
つづいて、日系の方の本を一つ。これも実はニューベリー作品です。
2006年 cynthia Kadohata  著
 画像0810 008.jpg

☆ ☆
LOUIS SACHERの本を四つ。サッカーの本としては、ホールズよりも、どちらかというとWAYSIDE SCHOOL 三部作の方が好きですね。
 画像0810 004.jpg画像0810 003.jpg

画像0810 023.jpg画像0810 022.jpg

☆☆
ちょっと趣を変えまして、児童書らしい本を一つ。
ANNE MAZERの本で、「格言で始まる日記」が大ウケです。
画像0810 001.jpg画像0810 002.jpg

☆ ☆
当方の好きな児童書作家といえば、Jaqueline Wilsonです。ちょっとクセがあって、ギクシャクする文体も魅力的です。彼女の大ベストセラー:girls in love(girls~は続編が3つのシリーズに)を含めて三つ。彼女の児童書は、いずれも、テーマというか、題材が重いのですが、にもかかわらず後味がよいの、のが特徴と思います。前向きな気持ちになれる児童書の多い作家です。
画像0810 018.jpg画像0810 019.jpg画像0810 017.jpg

☆ ☆
やさしいペーパーバックといってもいいかもしれませんが、児童書的オモシロミの本を一つ。題名からして、必読本ですね。
画像0810 009.jpg

☆ ☆
大人向けの著作も多いのですが、児童書といえば、AVIは欠かせません。
AVIの本から二つ。一つはニューベリー作品です。
画像0810 015.jpg画像0810 014.jpg

☆ ☆
やっぱり、児童書といえば、怖い話のR.L.STINEは外せません。代表的シリーズGoosebumpsから一つ。ただ、大人が読むと、あまり怖くはありません。日本の作家でいうと、星新一を思い出す作風のように思います。星新一の怖いもの編・子供版、という感じでしょうか。よくこれだけお話を思いつくものです。
画像0810 016.jpg

☆ ☆
交換留学生を主人公とするstudent across the seven seas(SASS)の本の中から、日系の女子学生を主人公にした本を、一つ。
Linda Gerber 著 Now and Zen
画像0810 010.jpg

☆☆
児童書といえば、冒険とファンタジーですね。今回は、代表として、ナルニア国物語に登場願います。C.S.Lewis 最初に読む本は、必ず第2巻のこの本です。これだけは、1巻から読んではイケマセン。
The Lion,The Witch and The Wardrobe
画像0810 012.jpg

☆☆
それぞれの本の説明が全く足りませんが、いかがでしたでしょうか。

今後も、この説明不足の紹介シリーズを、ひんぱんに、続けたいと思います。

本だけでなく、いろいろな著者の方をご紹介するのも、目的の一つです。
説明の部分は、ときどきは、詳しくしようと思いますが、先にも申し上げましたように、設定やスジは書きません。

楽しくよんでいただきたいからです。
プレ・ペーパーバックの児童書は、
子供向けのものとはいえども、面白いヤツが多いんですね。


では また

sunny-side up の近況

夏休みは、ナシ。
旅行計画は、ナシ。
生徒は、ナシ。
貯金も、ナシ。

ご意見、コメント、お待ちしています。

 

 

 

 


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 4

大阪の主婦

足立sunnyさん、こんにちわ~(笑)
大阪マダム、来てみました~。
先日は児童書のコメントありがとうございます。こっちに来てみたらかなり本を紹介してあり。かなり蔵書してるってかんじですね。

the giverを読む予定がなかなか届かなかったので never let me go 読み始めてしまいました。

HOLES以外、児童書よんだことないかも(汗)
今後、普通のPBの間にYA本もはさみながら新規開拓していこうかとおもってます。

ではでは!こちら大阪、今日も猛暑(涙)
は~。
by 大阪の主婦 (2011-08-10 12:25) 

足立sunny

大阪の主婦さま、ご訪問かたじけのうございます。
実は、でんすけさんのブログを拝見していまして、大阪の主婦さんのブログは必見だとおうかがいしましたので、「イキナリ変なコメント」をお寄せした次第です。

今回の記事は、あのコメント後、急遽作ったのですが、いかにも急ごしらえで、練れてませんね。 

で、ですね。
実はですね。このブログは、サブ・ぶろぐなんです。
メインぶろぐは、「やさしい洋書を楽しく読もう」というヤツでございまして、そちらでは、中・高生でも楽しく読める本を紹介しています。
で、ヨタはなしが、このブログです。

大阪の主婦さんは、もう学習的なものとして児童書を読む必要はないと思いますが、今注文されている
LOIS LOWRY のThe giver が届かれたら、LOWRY3部作のmessenger,Gathering Blueを、いかがでしょうか。

あとですね、たぶん気付かれていないと思うのですが、大阪の主婦さんのブログは、当ブログ内では、次のように形容されています(アシカラズ)。

関西から、超面白い!、英語ブログを二つチョイス
ブログもスゴク個性的で面白いんですが、「コメント」の応答がさらに面白いんです。
こら読まなアキマヘン、読マナ損でっせ(sunnyの独り言)

熟年の哀切と人柄がにじみ出る、洋書読み人の、sunnyより長い(と思う)楽しいお話英語ブログ
おっさんの英語(とか)放浪記

sunnyの3倍長く、10倍面白い!、全国民必見かも?、の英語ブログ
大阪マダムの人生奮闘記

これからも、変なコメントをお寄せしたいと思いますので、宜しくお願いします。
それで、ですね、当方を本屋さんと思われるのも、自然かと思っています。読まないのに、ドンドン本を買うやつ、あまりいないですから。

by 足立sunny (2011-08-10 21:42) 

足立sunny

ついつい,追コメントです。

大阪の主婦さま。

いつもと、お声のご様子がちがっているような、感じがするザマスが、
もしかしますと、東京方面では、ネコを・・・。


by 足立sunny (2011-08-10 22:32) 

足立sunny

マチャさま、ご訪問ありがとうございます。
ナイス、うれしいです。
フレンドリー度ゼロから、いつ脱却できるか、
あちこち訪問しています。
by 足立sunny (2011-08-13 22:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1