So-net無料ブログ作成
検索選択
漫画で英語 ブログトップ

バイリンガル版 のだめカンタービレ第1巻 を読んで 漫画で英語について少し思うこと の巻 [漫画で英語]

バイリンガル版 のだめカンタービレ第1巻 を読んで 漫画で英語について少し思うこと の巻

のだめカンタービレのバイリンガル版
というのがあったのですね。定価1200
円。

第1巻を入手しましたので(購入価200円)、半分ぐらいまで:120頁、読んでみました。

画像0205 001.jpg
画像0205 004.jpg
千秋との最初の出会いで、ゴミだらけの部屋の中でピアノをひく のだめ

いやあ、これ。
実に、面白いですね。
第1巻、のだめのキャラが、光っています。
まあ、これまでのところ、まだどんな人物か、生い立ち経歴その他、細かい人物像はわからないのですが、ですね。

英語版部分は、ワリアイにフランクで、無理に訳した感じがあまりありません。
小文字なのも、嬉しいところです。
日本語の部分が、漫画の欄外にあるのも、当方としては、すっきりします。

さて、当方は、どのくらい時代に遅れているのでしょう?

少なくとも、10年ですね。

のだめカンタービレ
Kiss2001年14号から連載を開始。作者の妊娠・出産に伴い、2008年5月10日発売の同年10号から8月9日発売の16号まで月1回の連載となった後に休載。2009年3月10日発売の6号から連載を再開し、同年20号を以って終了した。また、番外編の連載が2009年第24号より開始され、2010年17号を以って終了した。2004年、第28回講談社漫画賞少女部門受賞。単行本は全25巻発行(本編は23巻で完結、24巻及び25巻は番外編)。累計発行部数は第22巻の時点で3080万部。

一大ブームを巻き起こしたのですね。
テレビドラマ化も、当然に、されています。
まあ、たいがいの人が、知っているということですね。
すでに連載が終わっている、というところが、泣かせます。

当方、木琴1曲しかひけません。たて笛も、横笛もアウト。
むろん、ピアノなどは、指が決してとどきません。

ばっはとかぶらーむすとかは、ですね、どこかでかかっているのは聴きますね。
クラシックのコンサート、昔、一回行ったら、寝ました。
水道橋の労音会館でのミニ4重奏コンサートとかは、ときどき行ったのですが。
会社が、目の前にあったのですね。

姪は、むかし、菅弦楽部でチューバ演奏してたんですけど。

ちなみに、「のだめカンタービレのカンタービレとは何ですか?」という質問は、ネットで約1万人にアクセスされていました。
まあ、当方も、よくわからなかったので、アクセスしてみたのですが、ですね。
歌うように。


漫画誌Kiss は、いまだかつて読んだことがないのですが、なぜかこの絵柄には、見覚えがありまして、ですね。
昔、喫茶店で単行本を読んだか、若しくは、他の音楽漫画と混同しているのかも、しれないのですが、ですね。
姪が、チューバ演奏してたころ、少しクラシックも聴き、音楽漫画も読んだ気がするのですね。

☆☆
で、ですね。

漫画による、英語学習というものを、この機会に、少しアレコレ、ちょっとだけ考えてみようと思うわけです。

そうしますと、真っ先に思い浮かびますのが、

CHARLES.  M. SCHULZ の SNOOPY なんですね。

画像0205 006.jpg

画像0205 005.jpg
どうも、はっきり写らないのですが。

画像0205 015.jpg
別の4コマの前半部分だけですが・・・。

SNOOPY の対訳版には、いろんな種類のものがあるのですが、こちらは、日本語フキダシの漫画、英語は小文字を横に添え、の版です。
もちろん、英語版だけのものも、あります。

これは、「英語に自然に親しむ」には、実際、好適と思います。

最初に日本語が目に入ってくるので、あとで英語部分を読んだときに、英語がスムースに頭に入る感じがあります。

逆に、英語版フキダシ(原書そのもの)で、日本語訳つきものものの方が、本来のものですから、英語が頭に入りやすいという方も、おられるでしょう。

谷川俊太郎さんの「訳」は、まさに、素晴らしいとしか、いいようがありません。

ただ、ですね。
これで、ふだん英語にあまり親しんでいない人、英語の学習の端緒についた人が、この漫画で「英語学習」をしようという、そういうことが、実際に可能かどうか?

つまり、最初に英語部分だけを読んで、いまひとつピンと来ない人が、ということですね。

まあ、やっておられる方は、いるのですけれども、ですね。
それを推奨する本、これはタメになる英語素材・英会話素材の宝庫だというような本まで、昔は出ていました。
具体的な例文を挙げて、コレコレはこういう使い方だとか、詳細に説明していたりするんですね。


ですが、
現実問題として、この漫画を「英語教材」として考えて、どれほど成果があがるものか?
ちくいち、分析というか、表現を覚えたりして、ですね。

実のところ、当方は、そういう方向については、疑問に思っているのです。

といいますのは、
英語がまだ全然できない、20年以上前、当方は、この漫画が大好きだったのです。
むろん、「英文版」訳語ナシを、読んでいました。

でも、当方の英語力は、著しくは進歩しませんでした。実際は、ホンの少し進歩したのかもしれないのですが、実感がなかったのですね。
ただ、ちょっとした英文を読む、ということに抵抗が薄くなりました、けれども、ですね。
当時は、英語版のMAC POWER(マッキントッシュの雑誌)なども(非常にザットですが)読んでいましたから、それなりの効果があったのかもしれないのですが、ですね。

今、漫画の英語部分を読んでみますと、やっぱり、実に、面白いのですね。
しかも、昔読んだ感じとは違っていて、スーと頭に入ってきます。

英文がそれなりにキチンと読めるようになったから、ですね。

ですから、
ある程度、英語の学習をした方なら、「楽しく読める」英語素材、自然と英語に親しめる素材だとは思うのです。

英語学習の合間に、思い出したように読んで、
肩肘をはらずに、楽しく読むのが、いいのではないか?
「英語教本」ではなくて、「漫画」なのですから。
そう思う次第です。

数多く読むうちに、自然といろんな英語表現に親しむことができるでしょう。
面白いので、何冊も何冊も読めるでしょうから、それなりに蓄積されます。
繰り返し読んでも、いつでも、面白いと思います。

比較的やさしい英語で書かれていますから、英文だけでもいいと思うのですが、訳文があれば、よりスムーズに頭に入る部分はあると思います。

そうして、読んでいくと、いつのまにか、知らず知らずのうちに、ある程度、英語力が向上している、そういう感じのものなのではないか? そう思うわけです。

つまり、ですね。
「やさしい洋書を数多く読む」ことによって、自然と英語が蓄積されていくように、気に入った「英語版漫画」を数多く読むことによって、自然と蓄積されていく部分も多いだろう、ということですね。

苦心惨憺して読むものではありません。
学習・勉強と思って読むものではない、そう思うのですね。

どうも読めないな、よくわからないな、と思われましたら、そこのところは飛ばしましょう!
気にすることはありません。
いちいちメモをとったり、ノートに書いたりして、勉強するものではないと思います。


始めに挙げました、のだめカンタービレ、の英語部分ですが、
「英語版部分は、ワリアイにフランクで、無理に訳した感じがあまりありません。」と当方は先に申し上げましたが、

素材に英語に親しむ、という意味では、決して悪いとは思わないのですが、
やはり、「日本語が元で、英訳」という点で、どうしても、ある程度違和感がでる感じがあるのは、否めません。

ソクザに、これが正解の英語だ、と思われない方が良いと思います。
英訳の一つ、こういう言い方もある、というぐらいの感じで、気楽に考えるのが妥当かと思う次第です。
英語にうまく変換出来ない、日本語の部分というのは、けっこうあるのです。

☆☆
で、次に思い出しますのが、サザエさんです。

画像0205 007.jpg
こちらの本は、英文のフキダシになっていて、日本語が脇沿え、です。

元々が、非常に面白い漫画ですから、気軽に楽しく読めると思います。

☆☆
で、当方の、イチオシが、OL進化論です。

えっと、本が行方不明なので、写真がだせないのですが・・・。
これは、ウチの「西新井本棚」に、一つの版を飾ってあります。

2種類の版があるのですが、どちらも英語訳の英語がとてもナチュラルかつステキで、非常に面白いと思っています。

追記:ありました講談社英語文庫版
画像0205.jpg
英語文庫版なので、フキダシが英語のみです。
巻末に単・熟語など説明付。
画像0205 016.jpg
中味はこんな感じです、4コマの前半だけですが。

いやはや、この漫画が面白いのなんのってですね。
当方が20代の頃にはもうありましたから(その前にあったのかも?)、当方の記憶するだけで既に30年、いまだに雑誌に連載され続けているという、伝説のロングラン漫画です。
しかも、最新のものが更に面白い、というスグレモノですね。

英語を・・・される方の、一家に一冊以上、おとめおかれることを、お勧めいたします。

☆☆
では、向こうのアメリカの漫画はどうなのか?

当方のところには、ホンの少ししかないのですが、三つの問題があると思っています。

(1)面白いオリジナル漫画はあるが、フキダシが大文字で、慣れないので案外読みにくい。
(2)どうも日本の漫画のテンポ・コマワリと異なるので、感情を移入しにくい。
(3)日本の漫画に慣れている身には、「絵的に」面白さが減少する気がする。

漫画のフキダシが、なぜか大文字なんですね。
慣れないので、当方は、かなり読みづらいと感じます。
また、どうにもコマワリに慣れない、という面もあります。

最後の問題が、ビジュアルですね。

典型的なアメリカンコミックは、あれはアレでいい感じだとは思うのですが、なかには、どうにも読む気がしないビジュアルのものも、けっこうあります。

これを例に出すと、作者は心外だとは思うのですが、
画像0205 002.jpg

画像0205 003.jpg
これは、ベビーシーターズクラブの第1巻の漫画化作品なのですが、どうにも、読み進む気力がわきません。
ビジュアル(登場人物のですね)と、冗長なコマワリのせいです。

上に挙げたシーンは、メアリーアンが爪を噛んでいるのをみたクリスティが、そういうことを続けていると、大人になってネイル・ポリッシュ(ネイルアートの一種)をするときに困るよ、といっているのだと思うのですが、どうにも、面白くないのですね。
原作にあるのでしょうが、ですね。

たぶん、この漫画は、当方は、最後までは読まないと思います。

☆☆
というわけで、
漫画はやはり、漫画として、楽しく読みましょう、ということですね。
英語であっても、日本語であっても、ですね。

英語版ならば、自然と英語に親しむことができる、そのぐらいの感じかと思います。
お気に入りの漫画の英語版を読まれるのは、いいのではないか、ということですね。

でも、一つだけ、スゴク面白くて、役にも立つ「漫画」があります。

それが、これ。

画像0205 013.jpg
画像0205 012.jpg

日本語の漫画、役に立つ英語付き、なんですね。
ベースが日本語の漫画で、ストーリーも絵も、実に楽しい作品です。
ホント、面白いんですよ。

英語の方は、自然のこの上なく、いろいろと頭に入ります。

画像0205 010.jpg
こちらは、第5巻(最終巻)です。
山アリ谷アリの、山田一家のニューヨーク生活が、終わりを告げます。
アメリカ生まれのKate(毛糸)も大きくなりましたね。

では また。


西新井sunny-side up の近況

本日5日、中延の駅弁大会にいけなかったのが、残念でした。
馬券は、5千円買って、4千3百円の戻り。何をしているのだか。
では。
 


漫画で英語 ブログトップ