So-net無料ブログ作成
Honestly と和三盆 ブログトップ

ビリー・ジョエルの「Honestly」 と 砂糖の「和三盆」 は、日本で、どちらがより知られているか? の巻 [Honestly と和三盆]

ビリー・ジョエルのHonestly と 和三盆 は、日本で、どちらがより知られているか? の巻

こんなの比較する方が、おかしいですよね。
ですが、頭にふっと、浮かんでしまったのです。

実は、ですね。 
昨日、ある平城京関係の洋楽独り言ブログ(みなさんご存知ですね)を拝見しましたら、1月17日で17年となる阪神淡路大震災の際の出来事にふれられていて、そのときに来日されていた、ビリージョエルのお話の記事があったのです。

阪神淡路大震災で被災・なくなられた方には、この場をお借りしまして、哀悼の意を表します。
話がこれから、ぐうっと別方向に向かいますことを、さらにお許し下さい。


マチャ@平城京の「洋楽独り言」 ver.3
  1月17日のオネスティ [billy joel] 
 

(もし、まだご覧でない方は、クリックしていただくと、リンクでブログに入れます。)

ビリージョエル
Honestly

洋楽を聴かれる方なら、といいますか、大方の日本の方でしたら、周知の人物であり、
Honestly は、皆さんの心に深く刻まれた、思い出に残る「歌」でもあると思います。


コンサートより。


英語歌詞つきで。


日本語訳詞つきで。

(さびの部分の訳を、マチャさんから拝借してきました:感謝)

誠実とは なんて孤独な言葉なんだろう
誰もが皆 不誠実だから

誠実とは 最も耳にしない言葉
そして 誠実こそが
あなたから一番欲しい言葉なんだ

Honesty is such a lonely word.
Everyone is so untrue.
Honesty is hardly ever heard.
And mostly what I need from you


Youtube 動画は、コンサートの動画が、やはり一番ですが、英語歌詞つき&日本語訳詞も、お好みにより、お聴き下さい。

当方は、真ん中の英文歌詞がないと、部分的に聴き取れず、よくわからない部分がありますので、真ん中ので聴いております。
歌声自体は、すごく聴き取りやすい英語の部類に入ると思いますが、ですね。

ついでに、日本語訳詞があると、何かとわかりやすい面もあるかと思いまして、ですね、加えてみました。


☆☆
で、ですね。

実は、

Honestly 正直に申し上げますと、当方、ビリージョエルさんは、全く知りません。

お名前を聞いたことがあるだけ、です。
喫茶店で隣の席に座られても、一昨日まででしたら、全く気付きません。
あまり声を大にして言うことではありませんが、正直、知りません。

本日でしたら、動画を拝見しましたので、笑顔で、Hi, billy と言えると思います。
怒られますね。 

当然といいいますか、Honestly という曲も、喫茶店などで流されていましたのでメロディは断片的に記憶にあるのですが、これまで、ひとつの「歌」としては、聴いたことがありません。

先のブログで、初めて一曲通して、聴いたのですね。

英語関係のブログを書いている人で、ビリージョ
エル&Honestly(歌) を知らないのは、たぶん、当方一人だけだろうと思います。

洋楽を聴かない、という人物も、他には皆無だろうと思われます。


なぜ知らないかと申しますと、音楽と他の趣味(読書、囲碁など)が両立しない性格のため、読書中や囲碁をしているときは、自らは音楽をかけない、音楽を聴かない、という習慣があるからです。

つまり、イマドキの日本人としてはかなり珍しいと思うのですが、日常生活で、音楽はほとんど聴かない、ということですね。

喫茶店とか、スキー場ですとか、病院の待合室ですとか、向こうが流してくれれば、耳に入るという次第です。

まあ、昔も今も、当方にとっては、喫茶店が一番多く音楽に触れる場所です。

あうっと、ですね。
何人かは、洋楽の方も知ってますですよ。
昔、唯一コンサートに出かけたマイケル・ジャクソンさんとか、
ビートルズとか、
カーペンターズとか、
バーバラ・ストライザンドさんとか、ですね。

最後の方が、少しマニアックで、よく知ってたなですって?
25年ほど昔、ですね。
めずらしく、彼女がいましてですね。
彼女の大学卒業を待って結婚しようと思っていたのですが、別れ際に(振られたわけですね)、バーバラさんの「別れの曲」ばかり入ったカセットを、くれたのですよ。
ううう。

☆☆
話は変りまして、

先日、大阪の主婦さんのブログから、虎屋の羊羹をお借りしてまいりましたが、名品の和菓子ですとか、虎屋の羊羹に使われている「お砂糖」が、「和三盆」、「和三盆糖」です。

「和三盆」は、和菓子好きの方でしたら、けっこう
ご存知だと思います。
和菓子をあまり口にされない方とか、特に若い方は、初めて聞く言葉かもしれません。


和三盆糖の作り方&特質(便利なウエェブ知識wiki~より)

晩秋に収穫したサトウキビの茎を搾って汁を出した後、石灰で中和を行い、ある程度まで精製濾過したのち結晶化させる。この結晶化させた原料糖は白下糖といい、成分的には黒砂糖とほぼ同じ「含蜜糖」である。
そして白下糖を盆の上で適量の水を加えて練り上げて、砂糖の粒子を細かくする「研ぎ」という作業を行った後、研いだ砂糖を麻の布に詰め「押し舟」という箱の中に入れて重石をかけ圧搾し、黒い糖蜜を抜いていく。
この作業を数度繰り返し、最後に一週間ほどかけて乾燥させ完成となる。

こうして出来あがった和三盆は、粉砂糖に近いきめ細やかさを持ち、微量の糖蜜が残っていることから淡く黄色がかった白さとなる。
甘さがくどくなく後味がよいため、和菓子の高級材料として使用される。
また、口溶けのよさと風味のよい甘さから、和三盆そのものを固めただけの菓子が存在し干菓子の代表格となるほどである。


簡単にいいますと、伝統的な製法で手間隙かけて念入りに作られた、至高の高級砂糖、ということですね。

画像0118 008.jpg
1本60円の、この練り羊羹には、決して使われておりません。

えっと、ですね。
台に使いました冷却シートで、またまた話は飛ぶのですが、
当方、よく「知恵熱」が出ますから、この冷却シートは日常生活の必需品です。

ヤフー知恵袋:「知恵熱」

乳幼児、子供の時の原因不明の発熱を主に指すのですが、当方は、ときどき原因不明で(熱が出るだけなので、風邪ではない)39度近い熱を出しますから、これを自分では「知恵熱」に分類しています。
一時的に免疫が低下して、細菌の感染症にて、熱が出ているものと思います。30代の頃、病院で見てもらいましたら、そのときは、相当体力の低下した老人の方しか感染しない珍しい菌が増殖しておりました。
だいたい、1日~2日で熱は下がり、熱が下がれば実害はほとんどありません。


☆☆
紆余曲折いたしましたが、
ここで、本日のお題です。

全く異なる分野の、しかも「洋楽の歌の題名」と「和菓子などに使われる高級砂糖の名前」とを比べる対象とするのは、どうかとも思うのですが、

ビリー・ジョエルの「Honestly」 と 砂糖の「和三盆」 は、日本で、どちらがより知られているか?

正直、今日、浮かびました疑問なのです。


一口羊羹を買いました、近所のコンビニふうの商店のおじさんと、虎屋の羊羹のお話をしていて、和三盆の話になったのですね。
確かにうまいが、味をわかって食べている人も、少ないのではないか、と。

材料は全然違うのですが、手軽に1個1個食べられるので、最近は、写真のような一口羊羹も、けっこう人気を博しているとのこと、ですね。
まあ、当方も、つい買ってしまったのですが、ですね。

それに、食べ比べれば雲泥の差だが、そこまで味のわかる人もそういないから、和三盆を使った高級羊羹も、コンビニの一口羊羹も、同じ大きさで出したら、実際区別が付かない人も多いのじゃないか?、とのご宣託もありました。

いくら何でも気付くとは思うのですが、個人的実感としても、実際、普通の人の舌・味覚は、わりといいかげんなんですね。

人気の芸能人格付け番組をみても、見ための区別なくして、高級食材を味だけで区別できる一般人は、そう多くありません。普段高級なものを食べ慣れていても、です。


☆☆
実は、この命題なのですが、どうも、「ビリージョエル&Honestly 」の方が優勢なのではないか?、そう思っているのですね。

「和三盆」、案外、知っている人が少ないのではないか、とですね。

地元ですから、四国の方はご存知だと思いますが、ですね。

☆☆
でも、ですね。
この命題は、ふと思っただけで、結論がどこにも向かわないのですね。

どっちがどっちだから何だ、ということになりません。
どちらがより知られていようと、世の中、ちゅっとも変らないのです。

ただ、ですね、ちょっと、気になったので、書いてみようかなあ、という次第です。

一応ですね。
洋楽というのは、それだけ、普通一般の方にとって身近なものなのかなあ、と、そういうことを確認してみたい、そういう感じなんですね。

たまには、ブログに音楽動画を貼り付けてみたいとか、おいしい和菓子や羊羹が食べたくてたまらないとか、そういう気持では、ないのですね、たぶん。

いいかげん、ヒマなんですね。
読書に打ち込めばいいのですが、また、少し熱があるのですね。
知恵熱です。

ビリージョエルのHonestly
いい歌だと思います。

そういうことで、結論なしにて、今回は終わりたいと思います。


A,
仕方ないな、こいつは。動画出したかっただけだな。
ふつう、こんなエピソードがありましたとか、ナニナニを知っていますとか、ご紹介しますとか、そういうのはあるけど、
「知りません」っていう話がメインのものは、ないな。
わたしバカよね~、って歌のとおりだな。

B.
熱があると、よく、妄想が浮かぶんだな。
だいたい、饅頭とか羊羹を食べたいというのは、今読んでる「ーしゃばけのー長崎屋の若旦那」の影響なんじゃないか?
そのうち、車海老田部泰菜さんの親戚で、羊羹田部泰造さんが出てくると思うぞ。
C.
夢に羊羹が出てきたらいしいから、無理もないけどね。

D.
早い話がねえ、
「マチャさんのブログを読んで写しましたっていうタイトルの方が適切だと、あたいは思うけどね。
いさりびお京をごまかそうったって、そうは問屋がおろさないよ。

だいたい、和三盆とか、食べてもsunnyはわかんないんだよ。

sunnyは自覚していないけどさあ、あそこから、ビリージョエル借りてきただけ、だからね。
あとは、ウキペディアを写しただけ、と。
60円の一口羊羹を2個買ってきただけ、と。

「3だけ」でブログが出来れば、お百姓さんは苦労しないよ。
スケアクロウだって、もっと畑で頑張っているさね。

次回は、頑張って欲しいね。
絵本の写真がズラズラ並んでいる方が、あたいは好きだけどね。
仕方ないから、エンディングにしてやるか。

でも、その前に、あたいがsunnyに代わって、お礼を言っておこうかね。
マチャさん、ありがとう。
マチャさん、sunnyを許してやってね。悪気はないんだよ。
ビリージョエル、いい人だって思ったんだって、歌もね。


では また。


西新井sunny-side-up の近況

一日1分のLittle Red Riding-Hood、誤植が多く、ご面倒をおかけしましたことをお詫び申し上げます。一応、訂正しておきました。
マチャさん、お京さん、ありがとうございました。
では。


Honestly と和三盆 ブログトップ