So-net無料ブログ作成
検索選択
主として競馬 ブログトップ
前の10件 | -

「一攫千金の夢は、浅草にむなしく散るが、それでも本を買う」の巻 [主として競馬]

「一攫千金の夢は、浅草にむなしく散るが、それでも本を買う」の巻


今回は、少し異色の記事でありまして、いつにもまして、話がよじれております。
しかも、今回は、4/5以上にわたって、英語の香りが全然しないような気もするのですが、タイトルにありますから、最後の方に、チョコットだけ英語の本を買った話がでてくることは確実だろうと、そう思う次第です。

一般の家庭では、本日12月18日(日曜日)は、年末に向けての準備に大忙し、というような感じもするわけです。
高校受験とか、大学受験とかのお子さんのおられるご家庭では、まさに一触即発の受験前ピリピリ状態の日曜日かとも思うわけです。
1月のTOEIC を受けられる方なども、追い込みの時期です。

しかし、ですね。
当方にとっては、待ちに待った千載一遇のチャンスの日なのですね。
めったにない、吉日です。

当方は、今日、浅草に行ってまいりました。
画像1218 008.jpg
画像1218 016.jpg
金龍山 浅草寺の、通称「雷門」ですね。風神、雷神がいます。

画像1218 006.jpg
雷門(風雷神門)のうしろ側です。
浅草寺は、いつにも増して、大賑わいでした、ですね。9割以上が観光の方なのですが、中国からの団体観光客も、相当戻ってこられた感じです。

☆☆
浅草での用事、それは、何か?

☆そう、それはもちろん、「競馬」です。はて?☆

実は、ですね、この日は、2才の若駒(ほとんど牡馬だが牝馬も参加可能)による、
「朝日杯 futurity ステークス」というG I(グレードワン)レースがあるのです。
格付けとしましては、将来性ある、今年デビューした若い馬たちのなかで、同世代のNo.1を決める、最初のレースなわけです。

ただ、ここで優勝しても、将来ず~と活躍すると決まったわけではないのですが、ですね。
もちろん、あとあと、G 1 レースを勝つような馬も、当然いるわけです。
例えば、昨年の1着馬グランプリボスは、今年のNHKマイルカップレースG 1を勝ち、2着馬リアルインパクトは今年の安田記念レースG 1を勝っています。

☆☆
年末の競馬といいますと、1年の総決算といわれます「有馬記念レース」が、わりと一般の方にも浸透していると思うのですね。

毎年、年末にスポーツ新聞をにぎわしておりまして、ときどきですが、「世相馬券」が出ることでも、有名です。その年の出来事を象徴したような馬が、上位1・2着にくるわけです。

ここ10年ほどで一番強烈でしたのが、そう、ニューヨークの同時多発テロがありました2001年のレースです。
1着「マンハッタンカフェ」、2着「アメリカンボス」の「アメリカテロ馬券」で、大波乱。

まあ、マンハッタンカフェは、その年の3才菊花賞馬で、優勝候補の一角だったのですが(3番人気)、アメリカンボスの方は近走成績がひどかったので、全くの人気薄だったのです(13番人気)。アメリカンボスも中山競馬場でのレースでは、それなりに強い馬だったのですが、ですね。

アメリカンで、マンハッタンですからね、まさしく世相馬券です。
この馬番連勝馬券(1,2着に来る2頭を当てる馬券)が、なんと、48,650円という配当です。
100円玉1個が、480倍になるということですね。

このレースは、ファン投票で出場馬を選出するという夢のレースシステムを、当時のJRA理事長だった有馬さんが考え出した、「中山グランプリ」が最初で、翌年に有馬さんがなくなられたため、有馬記念レースとして、今日に至っている、という次第です。

ちなみに、この有馬さんというのは、人形町の「水天宮」が昔その敷地内にありました、お殿様の末裔の方です。

今年の「世相馬券は何か?」というのが、年末になると、ヘンテコな穴党の競馬ファンの間のあいさつの決まり文句となっています。
毎年世相馬券が来るわけでもないのですが、ですね。

☆☆
で、ですね。
その前に、朝日杯のレースがあるわけです。

実は、当方、毎年、このレースで、正月資金を稼ぎ出しているのですね。
これは、まあ、得意レース、稼ぎどころ、というやつなのです。

で、今年もノコノコ浅草に出かけていったのですが、
今年は、ちょっとですね、思い切った買い方をしてみたのです。
どうしても、本や自転車を買う資金を捻出しよう、というもくろみです。

このレースは、中山競馬場の1600メートル(1マイル)、16頭立てで行われるのですが、このレースは、 圧倒的に、内枠の馬が有利なのです。

ちょっと、コースの形が変っていまして、外側の枠に入った馬は、ず~と馬群の外の方を走らないといけないので、大変なのですね。距離ロスが大きいのです。
過去5年、馬番が14番、15番、16番の馬は、一頭も3着以内に入っておりません。スゴイ戦歴の馬も、全部敗退しています。
外側の7枠、8枠の馬は、過去10年でも、メイショウボーラーという、稀代の快速馬が2着に入っただけ、という状況なのです。
外はアウト、というレースです。

さて、そこでですね、今年、当方が狙った馬は、何か?
画像1218 038.jpg
1番人気は、2戦2勝つまり無敗で、有利な内枠3番の馬:アルフレード君です。
二重丸とか、記者の印がいっぱいついていますね。まだ2回しか走っていませんが、何しろ無敗です。

で、当方の狙った馬は、何か?

もちろん、

15番(8枠)の馬です。レオアクティブ君!

外枠15番じゃ、ダメジャン!

いいえ、今年はダメでないのです。

おそらく、ダメではないのです。

たぶん、ダメではないのです。

ダメかもしれませんが。

実は、ですね
このレースには、まだまだ隠された、
穴馬券の法則がいくつか、あるのです。
それは何か?

それは、ここでは、明らかにできません。ですが、あるのです。

まあ、法則は、さておきまして、15番の馬「レオアクティブ」君を買うことにしたわけです。


もうひとつ、ですね、
隠された秘密がありまして、
いつもは、中山の1600メートルというのは、外側の馬は来ないのですが、
昨日(土曜日)の1600メートルレースが2つありまして、
11番、14番、9番ときたのが1つ、11番、16番、12番ときたのが1つ、なんですね。

昨日の今日ですから、
今年に限っては、外側の15番でも、来る可能性がある!
いける!
そう、確信したわけです。

もちろん、レオアクティブ君は、去年1位になった馬と同じく、前走重賞の京王杯2才ステークスで優勝していますから、外枠がダメということでなければ、まあ、有力な一頭で、内枠だったら相当人気を集める馬なわけです。外枠でも、それなりの印がついています。

☆☆
で、買いましたのが、コレ。

画像1218 023.jpg
今回紹介されているのは、「高齢社」という、高齢の人ばかり雇う人材派遣会社で、最高齢は82才。
とても素敵な会社です。

もとい。
コレ。

画像1218 027.jpg
これは、確かに買いましたです。
浅田真央ちゃんのように、世界で活躍するスケーターを目指す女の子が主人公の児童書で、シリーズで出ています。これは第1巻。
アメリカのトップスケーターの写真付紹介記事が巻末にありまして、スケートファン必見の児童書です。

ふたたび、もとい。
コレ、です。

画像1218 001.jpg
単勝というのは、1着馬を当てる馬券です。
前日の段階では、だいたい12倍ほど=当たると12倍になる、でした。

金額を、ご覧になりましたですか?
いつもの100円ではありません。
自転車が買えますね。TOEIC も受験できます。小さい型なら、テレビも買えます。
当方、清水の舞台から飛び降りる覚悟で、買った次第です。
むろん、100円馬券も、他にアレコレと買ったのですが、ですね。

で、ですね。
事前の段階で、朝日杯の各馬の人気というのは、前に示しましたように(再掲)。
画像1218 038.jpg
という具合なんですね。3番の馬:アルフレード君が1番人気です。

☆☆
さて、その結果です。
タイトルに既にありますから、ご想像がつくかと思うのですが、

実は、真実は、ちょっと違うのです。
馬券が外れたという事実は、事実なのですが。

1着 単勝1番人気 内枠3番のアルフレード君 3戦3勝で無敗の王者となりました。
2着 内枠4番のマイネルロブスト君、よく頑張りました。
3着 わがレオアクティブ君
最後、猛然と追い込んできまして、ゴール前でやっとこ3着に。

3着だったんですね、3着。
1着でないから、当方の馬券は、ハズレです。

しかし、ですね。
実は、1着~3着のどれかに来る馬を当てる馬券、というものもあるのです。
「複勝」という馬券なんですね。
買った馬が、3着までに来れば、配当が出ます。配当はだいぶ安いのですが。

そして、レオアクティブ君の複勝馬券の配当は、390円。
100円玉1個が390円になるという配当です。3.9倍。
1着をムリに狙わずに、3着まででもよい複勝馬券にしておけば(~していれば、~いたら、のレバタラなんですけれどもね)、当たりなんです。
3万9千円ですね。

先にも、申しましたように、外枠の15番の馬というのは、ほとんど1・2着には来ないレースなのです。
過去10年で、1頭も、1着になっていないのです。
3着にしても、よく健闘したといえる結果なのですね。
当方の自覚が足りませんでした。

まあ、当方、馬券下手、なんですね。

しかも、1番人気の3番アルフッド君との「1着ー3着ワイド馬券」というのも、馬券の種類としてはあるわけです。
この1着ー3着ワイド馬券の配当が1100円ちょっと、なんですね。
レオアクティブ君、あんまり人気にならなかったのです。
つまり、こちらを選択していますと、11万円です。

まあ、とにかく、ほんとうに、馬券下手、なんですね。

いつもの年ですと、慎ましやかに、複勝馬券などでいって、正月資金が出るのですが、
今年は、ちょいと、一攫千金に走ってしまったのです。
しかも、自分が馬券下手だということを、すっかり忘れて、ですね。

まあですね。
それでも、この一つ前のレースで、タレントの「ほしのあき」さんと結婚した三浦青年(騎手)が頑張ってくれまして、このレースの馬連馬券(1着・2着にくる2頭の馬を当てる馬券)2300円余を500円分取りましたのでーつまり配当1万2千円ほどー、他の100円馬券などをアレコレ含めまして、本日の損失は3200円だったのですが。交通費、新聞代を入れると、マイナス4000円です。

あとは、有馬記念レースで、当方の予測する「世相馬券」が来ることを、祈るのみです。
初めから、4000円分、本を買った方が良かったような気もするのですが、ですね。

☆☆
話は変りまして、前々回で愚痴を申しました、AMAZONアマゾンの返却本につきまして、進展がありました。
さすが、洋書のアマゾンですね。
当方が送り返しました本の郵送実費を、到着即日、返金してくれました。
まあ、アマゾンにあるまじき、本の落丁でしたですからね。
しかし、この対応をみますと、やはりアマゾンは信頼がおけますね。洋書の世界では、一人勝ちといえる状況なのは、当然かもしれないと、改めて思った次第です。
いま、カートに入れている本を、この返却金で買う予定です。

☆☆
さて、タイトルにありますように、馬券のハズレにもめげず、本日も、少し本を買ってまいりました。
というのは、掘り出し物の本を買えれば、3200円分のソンをですね、本のお買い得分で相殺出来るのではないか?と思った次第です。

はたして、お買い得な本が買えたのか、 ここで少しだけご紹介したいと思います。

なぜかというと、そういうタイトルになっているから、ですね。

(1)
画像1218 025.jpg
こちらは、それなりに有名な「WISHING CHAIR のお話」3つを収録した本で、非常にお買い得でした。500円。
実際の新刊値段はわからないのですが、これ一冊で、3千円ぐらい得した感じです。

(2)
画像1218 026.jpg
CHILD CRAFT の大型本を2冊。各200円。童話集の回と、発明・技術革新の回。こちらも、2冊で4千円ほど得をした感じです。

(3)
画像1218 032.jpg
オーストラリア留学から帰られた小野デラさんの、体験を基にしたブログを再編集した、面白英語本です。105円。約900円お得でした。

(4)
画像1218 030.jpg
300円。定価2400円なので、2100円お得。

(5)
画像1218 024.jpg
ものすごくやさしめの、楽しいPBです。この本が200円なら、買い、でしょう。

(6)
画像1218 031.jpg
JILL BARKLEM の BRAMBLY HEDGE シリーズの一冊。200円。このシリーズは、絵本読みの必需品ですから、ぜひ手に入れたいところでした。
特に、これはなかなか市場に出てこない一冊で、お買い得感は満点です。

(7)
画像1218 033.jpg
ザケンナヨなのですが、ここで描かれています実像日本人というのが、けっこう本当にリアルで、なかなか面白いのです。
ローマ字の日本語と、同じ意味の英語のスクリプト、それに説明がついています。
日本では、たぶん出回っていない、稀少価値の本で、アメリカとカナダで売られているみたいです。アメリカ10ドル、カナダ14ドル。200円。

☆☆
で、ですね。
上のお買い得を合計しますと、これはもう、ゆうに1万円以上お得となる次第です。
実際の出費(馬券代プラス本代)は別としまして、以上の本取得により、レオアクティブ君での損失はカバーできたものと、推測する次第です。

問題は、これらの本を読む時間がない、ということですね。
読まないでおくと、やはり、出費しだだけということになります。
積読本が増えただけで、正月用の資金調達にも失敗し、「道険し」、と感じる次第です。

では また。

西新井sunny-side upの近況

12月19日より、一日1分の次回童話をお届けする予定だったのですが、一日お休みをいただきまして、次回作は、12月20日より、新連載させていただきたいと思います。
なにとぞご了承のほど、宜しくお願い申し上げます。
では また。


有馬記念なので、「ほとんど英語抜き」の巻 [主として競馬]

有馬記念なので、「ほとんど英語抜き」の巻 

皆様 、クリスマスを楽しくお過ごしのことと思います。

さて、以前の回に、単勝1万円勝負をして、見事?に失敗しました当方ですが、
やはり、年末の有馬記念レースとなりますと、
黙ってみているわけにも、ゆきません。

特に今年は、出走馬中8頭がG1馬で、
ドバイワールドカップを制した昨年の有馬記念優勝馬ヴィクトワールピサ
ジャパンカップを勝ち有馬記念2年連続2着の女傑ブエナビスタ(これが引退レース)、
日本の競馬史上 7頭目の3才3冠馬オルフェ-ブル、
天皇賞をレコードタイムで勝ちジャパンカップ2着のトーセンジョーダン
宝塚記念レコード勝ちのアーネストリー
天皇賞春を勝ちフランス遠征(凱旋門賞挑戦)を敢行したヒルノダムール
など、20年に一度といわれる超豪華メンバーです。
他の馬も、G1馬2頭をはじめ、いつG1を勝ってもおかしくない馬達です。

おとなしく観戦していればいいのですが、ここはひとつ、ない知恵を絞りまして
お正月のお餅代を、何とか、と、浅はかにも考える次第です。

しかし、今回は、資金が少々、ちょっと、大幅に、不足しております。

そこで、5千円のみ、小額投資をいたしまして、頑張ろうかと思う次第です。

画像1225 003.jpg
縁起をかつぎまして、「目玉焼き(sunny-side up)パン」を食べながら、戦略を練る当方。

☆☆
で、ですね。

こういう予想というものは、後からでは、実際にあたっていなくとも、
{とった}
{とりましたよ}
{見事な予想でしょう}
{どんなもんだい}
{まあ、一つの天才馬券師ということですね}
{競馬で半分暮らしを立てているのも、これのおかげです}

というようなことが、いえるわけです。

競馬予想会社などが、スポーツ新聞などの広告で、
先週は、これとこれの馬券を、当てました
毎週確実に当たっています
会員には、特別の厳選情報を提供:今週も厳選2レース完全的中

など、実績を大々的にうたっているわけですが、

「それほど当たるなら、予想会社などやらずに、自分で買ったほうが儲かる」
「人に予想を売るということは、自分で買っても儲からない=外れる、ことを、熟知しているから」

ということが出来ます。


そこで、当方は、今回、あとからのいいわけをなくすべく、
{ブログにて先に完全発表}
{コレを買いました、証拠つき公開}

をしようと、こう決心しました次第です。

別段、決心するほどのこともないわけですが、英語関係のブログ(一応、端の方ですがですね)で、競馬の話題が堂々と採り上げれることも、マレだと思いますので、

完全と、タブーにチャレンジしてみようかと、そういう次第です。

実際は、ただの競馬好きおやじ、なんですけれども、ですね。

☆☆
だいたいにおいて、ギャンブルの必勝法の第一というのは、
法則その1、
[やらないこと]
なんですね。

どこかのおぼっちゃまが、エライことになっていますが、ホントによほどの運のいいかた又は運の使い方に秀でている方でないと、競馬、競輪、パチンコなどのギャンブルは、手を出せばマイナスの世界が待っています。
長く続けれれつづけるほど、累積マイナスは増えます。

カジノですと、1日、1晩で億万長者などということもあるわけですが、その陰で数百万人の人がソンをしているわけですね。
当方が、昔、1夜だけ行きました韓国のカジノで、ルーレットでたまたま利益を上げたからといって、これを続けていれば、果てしないマイナスの世界が待っています。
15人以上行った当方の一行で、利益が出たのは、2人だけ。あとはスッテンテンでした。

趣味の世界、と割り切って、自分のサイフの範囲内で散在しているのだと思うのが肝心だと思われます。高い洋服を買うとか、盆栽を育てるとか、絵を描くとか、タバコを吸う、そういう範疇で、馬券を買ったりするわけですね。
趣味=消費=楽しみ、ですから、当然利益を求めてはいけません。

☆☆
もうひとつの必勝法は、これは、ギャンブルにもよるのですが、

対人相手のギャンブル、例えば「マージャン」ですとか「ポーカー」などの場合、
法則その2、
[自分より弱い相手とやること]
コレに尽きます。

当方、「競馬」では、法則その1に反していますので、だいぶ損失を計上していると思いますが、

「マージャン」では、法則その2に則りまして、少なくとも100万単位以上の生涯プラスを計上しています。
まあ、つまり回りに強い相手がいないときに、どんどんやったわけですね。
最初に入った建設会社(ゼネコン)では、隔週で2~3万ほど、同僚から集金しておりました。ほとんど同期入社の人たちで、当方以外みんな国立大出とかのいい人ばかりだったのですが、いかんせん、経験が不足していて強くありません。


だいたいが、当方は、中学生からマージャンをしておりますし(てへ)、大学1年次は年に200日ほど雀荘に通っていたわけですから(大学1年のときは、まだ法律の勉強をしていなかったのですね)。経験値が大人と子供ほども違うわけです。
普通の環境で普通に育った社会人同僚が、当方とやるのは、まあ当方にサイフを預けるようなものといっても過言でありません。

もっとも、当方も、そんなマージャン経歴は、隠しておきましたけれども、ですね。
そういうことを言ってしまいますと、だれも相手になってくれません。
それに、毎週マージャンはやるわけですが、毎回バカ勝ちしてもいけません。時には、小額を負けませんと、コイツは強すぎてダメダ、ということになってしまいます。
強いけれども、ツイテイルだけで、まあ大したことはないかも? というあたりがベストです。

実際には、相手も変りますから、別段ワザと負けなくともそうそう毎回勝てるわけでもないのですが、だいたいですね、毎月相当のおこずかいを稼ぎ出しました。
まあ、当方と違いまして、その後、みなさん立派に社会人をされていますから、彼らにとっては、よい教訓の日々だったかもしれません。

☆☆
ということで、ですね。

禁断の競馬ギャンブルに手をだすわけですが、
お財布の範囲内、つまり5千円でいこうかと思うわけです。

みみっちい、と言われる向きもあるかと思います。

その昔ですね、タレントの「見栄晴」さんのお母さんが、
見栄晴」さんが子供のころ、ギャンブル好きのお父さんに、「年末の有馬記念だから、1点勝負、牝馬は1頭しか出ていないからそれを入れて、〇-〇馬券を1万円買ってきて」と頼んだエピソードがあります。
お父さんは、そんな大穴馬券がくると思わないので、千円だけソレを買って、あとは自分の馬券を。

結果は?これが当時の有馬記念の史上最高配当穴馬券で、牝馬のニットウチドリがちゃんときまして、1万4千円弱。もし1万円買っていたとすれば、100円が1万4千円ですから、140万円です。やさしいお母さんで、お父さんをあまり責めなかったらしいですが。

まあ、このエピソードをみるまでもなく、「年末の有馬記念だから縁起試しで馬券を買う」、そういう人もけっこう多いわけです。
{終わりよければ、全てよし}ということですね。

あまり、5千円とかで勝負する人はいません。
ドカンと5万とかの人も多いですし、最低でも1万、ぐらいなんですね。

☆☆
しかし、これは、ギャンブルの法則1がありますから、
大金の投資は、慎まなければなりません。
しかも、自分でも認めるほどの、「馬券へた」ですから、予想がマトモでも、馬券があたりません。

以上を総合勘案いたしまして、

予想会社のように後でウンヌンすることなく、ここに、実際の買い目を公開しまして、
静かにレースを見守ろう、という次第です。

長々書いてきまして、結局、「こんな馬券買いました」なんですね。
まことに、もうしわけありません。

では、いざ、


☆☆
今回は、パソコンから、買ってみました。

投票内容を確認後、合計金額を入力して投票してください。

件数場名レース式別馬組金額
(1)中山(日)10R馬 連 ながし軸馬:09
相手:12
各500円(計500円)
(2)中山(日)10R馬 単 12→09
500円
(3)中山(日)10R3連単 1・2着ながし1着:12
2着:09
相手:06
各300円(計300円)
(4)中山(日)10R3連単 1・2着ながし1着:09
2着:12
相手:06
各300円(計300円)
(5)中山(日)10Rワイド ながし軸馬:06
相手:09,12
各300円(計600円)
(6)中山(日)10R3連複 軸2頭ながし軸馬:09-12
相手:06
各500円(計500円)
(7)中山(日)10R3連単 1・2着ながし1着:09
2着:06
相手:12
各100円(計100円)
(8)中山(日)10R3連単 1・2着ながし1着:12
2着:06
相手:09
各100円(計100円)
(9)中山(日)10R馬 単 2着ながし2着:06
相手:09,12
各100円(計200円)
合計金額 3,100円

ええと、まだ3100円しか買っていないのですが、小額投資なので、セコイ買い方になるのは仕方ありません。
だいたい、12番、9番、6番を買っていることがうかがえると思います。


12番アーネストリー君 現在5番人気ぐらい
今年6月の宝塚記念G1優勝馬:レコードで勝っています。
前走ジャパンカップ天皇賞秋(間違えました、スミマセン)は、枠の不利もあり、展開も利せず5番人気14着だったのですが、G13着も他に2回あり、今回は巻き返す可能性があります。今回は、レース展開のカギは、この馬が握っています。
なでしこじゃぱんの佐々木監督と同じ、佐々木調教師(世相馬券)。 


9番オルフェ-ブル君 現在1番人気
今年の皐月賞、日本ダービー、菊花賞の3才3冠馬です。過去、菊花賞からの直行で優勝した3才馬はたくさんいまして、さらに、3冠馬はいずれも出走すれば1、2着にきています。
ジャパンカップ優勝、有馬記念2年連続2着の女傑ブエナビスタをしりのけて、前日段階では、1番人気におされています。

兄のドリームジャーニーとの兄弟有馬記念制覇が期待されます(世相馬券:「絆」)

ここまでは、いいですね。

☆ 
6番キングトップガン君 8才
人気ひとかけらもなし!14頭立て14番人気
画像1225 002.jpg
6番 競馬記者の方、一人も印をつけていません

え~と、何のレースを勝った馬でしたっけ?
もう8才というと、とっくに引退している年齢です。そうとうお年よりですね。
そうそう、7月の函館記念G3と5月の目黒記念G2でしたっけ、よく8才で勝ちました。
前走ジャパンカップは16番人気15着、しごく順当な結果です。

ここ毎年のように、2ケタ人気の馬がきている、という理由以外では、買う理由が全くないように思えるのですが。
実際、まあ、確信のある理由はないのです。
何か、変なデータがあるだけなんですね。過去に人気薄できた馬と共通する、こういう馬がくるかもしれない、というデータですね。
当方、変なデータ好きなんです。

世相馬券(キング=金)(トップ=金総書記)(ガン=ガン?で死去)。
世相馬券(ブータン国王来日=キングトップ)
世相馬券(大王製紙坊ちゃんギャンブル事件=キング)
(ただ、ハワイ大王のキングカメハメハという馬がお父さんの馬が、他に5頭も出ているのですね。)
世相馬券(震災復興チャリティマッチで、キング「カズ」得点、古豪(いいかえますとお年寄り)健在をアピール)

決して、AKBの大島優子ちゃんが本命にしているからではありません。
画像1225 001.jpg
どうしてこの馬を本命にしているのでしょうか?


☆☆
とりあえず、あと1900円ありますから、こちらの方はですね、
それなりにキチンと予想したいと思います。

ブログでの公開は、間に合わないと思いますが、「主力」は、あくまで、前記しました、
{12}{9}{6}馬券です。

☆☆
では、最後に、ひとつだけ「本」を挙げまして、クリスマスの有馬記念号ブログを締めくくりたいと思います。

何が来るか、教えてくれない?
画像0515 001.jpg No!



では また。

西新井sunny-side up の近況

馬券代5千円、新聞代他で、6千円出費予定。
いくら戻ってくるかは、天のみぞ知る。
ほんとうにくだらない記事で、どうもどうも。

追記1:

受付内容
件数場名レース式別馬組金額的中
(1)中山(日)10R馬 連 ながし軸馬:03
相手:01,09,12
各100円(計300円)
  
(2)中山(日)10R馬 連 ながし軸馬:03
相手:10
各100円(計100円)
  
(3)中山(日)10R馬 連 ながし軸馬:09
相手:03,05,07,08,11,13,14
各100円(計700円)
  
購入金額 1,100円   払戻金額 0円


フランス遠征帰りの、ヒル野田ムール君(ヒルノダムール):3番の馬券も少し買ってみました。
野田総理、頑張ってね(世相馬券)。
1番人気9番オルフェーブル君から、人気薄の馬への馬連馬券も少々。
合計4200円。

追記2:

受付内容
件数場名レース式別馬組金額的中
(1)中山(日)10Rワイド ながし軸馬:08
相手:01,09,10,12
各100円(計400円)
  
(2)中山(日)10Rワイド BOX02,05,09,10,14
各100円(計1,000円)
  
購入金額 1,400円   払戻金額 0円

えっと、5千円をオーバーしてしまうのですが、外国人騎手(昨年1、2、3着独占の実績)の4頭と、1番人気のオルフェーブル君のボックスワイド馬券も、ちょいと買ってみました。
ワイドなので、どれか2頭が1~3着にくると、当たります。
合計5600円。

スティーブとかジョブスとかいう騎手がいると、よりよかったのですが(世相馬券)、外国人騎手は、いずれも世界の大レースを制している、世界の名騎手です。
ミルコ・デムーロ(昨年1着)、クリストフ・ルメール(2005年1着)は、日本でも数々の大レースを勝っていますし、ウィリアム(昨年3着)は前走ジャパンカップ2着。メンディザバルも母国リーディングの上位です。

追記3:

受付内容
件数場名レース式別馬組金額的中
(1)中山(日)10Rワイド ながし軸馬:09
相手:03,07,08,11,14
各100円(計500円)
  
購入金額 500円   払戻金額 0円

1番人気から、人気薄5頭へのワイド馬券も、買ってみました。
合計6100円。

以上で、今年の有馬記念レースの馬券は終了です。
はたして、結果はいかに?
それは、次回のブログで、明らかになると思われます。

また書くの?
結果ご報告だけ、少々、ですね。
では。


驚きの土曜日 の巻 [主として競馬]

驚きの土曜日 の巻

皆さんこんにちは、ネコが犬を噛んでも驚く、足立sunnyです。

前回ご紹介いたしました、「英語で楽しむ児童文学」。
日本ブログ村「英語リーディング」のベスト10に入ってまいりました。
これからも、いろいろな方に、読んでいただきたいブログです。

当方の、絵本、児童書~の、その2、その3 なかなか出ませんね。
絵本をたくさん出そうと、思ってはいるのです。
が、ですね。少し、お待ち下さい。きっと出ると思います。
きっとでる、きっとでる、は、狼少年か?

一日1分の方は、Pedro が終了しまして、
今回はグリム童話の、わりと有名なお話、The Elves and Shoemaker 全3回です。
これがおわりましたら、次回は、再び、ディズニーの物語を取り上げたいと思っております。



さて、ですね。
英語とまったく、関係ないわけでもないのですが、本日の読売新聞の一面記事に、当方、腰を抜かしました(他の新聞でも、大きく採り上げられていると思いますが)。

当方同様に、驚かれた方も、少なくないと思います次第です。
何を? ですか?

これです、コレ。
画像0225 008.jpg

えっとですね、危機だからワザと歪んで写したわけではないのですが、
どんな問題か、これではワカリマセンね。

10人の平均の身長が163.5センチだったかで、この「平均」に関する「文3つ」に、それぞれ〇、×をつけよ、みたいな問題だったんですね。

小学4年生ぐらい以降の、だれがどう見ても、上から×、〇、×の答えなのですが、これを調査した6000人中24%(1500人ぐらい)の大学生が間違えたという、結果です。

たぶん、小学4年生ならば、全員、間違えないと思う問題なのですね。
本当にこれを間違えたのなら、今の大学生、数学は、危機的水準かもしれません。

一番驚きましたのが、コレ。
正答率19%!5人中4人が不正解!
奇数、偶数の問題です。
画像0225 009.jpg
奇数と偶数を足すと、答えはどうなるでしょう?
(a)いつも必ず偶数になる。
(b)いつも必ず奇数になる。
(c)奇数になることも偶数になることもある。

で、よもや(a)とか(c)に丸〇をつけた人はいないと思うのですが、
(もし、そういう人が大勢いましたら、エライコッチャ危機的状況です)

5人中4人が、(b)の、そうなる理由:答えを、明確に説明できなかった、ということですね。

「当たり前」というのでは、「誤答」なのかもしれませんね。
この結果を見る限りでは。
これは、でた結果が悪いだけで、心底間違ったというのではないと思うのですが、もし、そうでなく本当に不明なのだとしたら?けっこうこわいですね。

正確な定義を言えといわれると困るのですが、常識的には、
2で割り切れる数(2の整数倍の数)を偶数、2で割りきれない、割ると余りの出る数を奇数、というのですから、
そもそもの意味内容からして、奇数と偶数を足すと、必ず奇数になるに決まっているのですが。

理由を数学的に説明・証明しろと言われても、ですね、若干困る感はあります。
答えでは、2n(偶数) と 2n+1(奇数) を用いて説明しているようですが。

いずれにしましても、冒頭の「平均」の問題をはじめ、ほぼ100%正解を期待した、間違うとはとても思えない基本問題を多数出題しているにもかかわらず、
よもやの誤答が相次いでいる、という事態のようです。

☆☆
ここで、算数はおいておきまして、同様な感じを、英語で試みてみますと、

He, Adachi-sunny, needs money. はどんな意味か?

えっと、どんな意味だったかなあ?

お金が・・・、need だから、彼はお金が好きだじゃなくて、必要とか欲しいとかで、

彼、足立sunnyは、(お金に困っているから)、お金が必要だ、お金が欲しい、ですかね?

That's right !
Well done.

ところで、この例題英文は、あっているのでしょうか?
基本をわかっていない当方です。


一応ですね、
英語では、大学生に、今朝の新聞のような調査結果が出ないことを、祈るのみです。

いくらなんでも、基本事項の問題をバシバシ間違う、ということはないと思うのですが、
必須受験科目だからある程度できるだけで、必ずしも基本が身についているわけでもないと思いますので(もっとも、英語では何が基本か?当方もサッパリわからないのですが、ですね)、
受験から遠ざかるにつれ、
ホントに全くサッパリの人が続出しても不思議ではありません。

なぜかですね、一部のできる方と、それ以外のサッパリの方、に分かれそうな気がしております。

それは、別としまして、当方、
本を少し買いすぎまして、頼みの競馬・馬券も当たらず、苦戦しております。


☆☆
で、ですね。
実は、数学だけでなく、驚くべき事態が、まだあったのです。
きわめて個人的にですが、ですね。

土曜日は、最近、腰を抜かすような事態が、なぜか起こるのです。
驚きの事実は、実は、競馬に関することです。


皆さんは、昨年3度ほど、このブログに登場しております、「ケイアイドウソジン」君:道祖神 君、という「お馬さん」を覚えておられるでしょうか?

馬券でですね、当方、何度も、道祖神様に、お願いをしたのです。
全て却下、
10月30日カシオペアステークス 芝1800m 8番人気12着。
11月20日福島記念(重賞)芝2000m 16番人気10着
12月24日師走ステークス ダート1800m 16番人気14着。
芝でもダートでも、いつも後方のままでした。

ベケではないのですが、3着以内という馬券の対象にはほど遠い、低成績の連続です。

しかし、当方の一攫千金の願いを一身に背負っていた、期待のお馬です。
昨年の春先4月までは、けっこう1着になっていたのです。
5月以降、スランプでした。

このお馬さんがですね。
先週の土曜日に、ダイヤモンドステークスという3600メートル、一番長い距離を走る重賞のマラソンレースに出てまいりました。
当方、仕事の日でした。

衝撃の激走!
1着 ケイアイドウソジン 15番人気
当然、単勝万馬券です。
100円が1万円以上になる馬券ですね。
2着が1番人気、3着が2番人気の馬で、
馬連は1万5千円、3連単馬券が79万円です。

どうもですね、トラック競技ではイマイチでも、マラソンレースというか、長距離に適性があったようなのですね。スイスイと先頭に出まして、そのままず~と先頭で、逃げ切りゴールイン!

あああ、仕事が休みで、馬券を買えていれば
口座のあるネットで、少しでも買っておけば・・・。

レバ、たら、なんですが、ですね。
昨年から、ず~と連続で買っていましたのに・・・。

ケイアイドウソジン 最近1年ちょっとの成績
レースの右側の16とか15とか1とか、16とか16とか14とかは、左から順に、出走頭数、人気、着順です。
つまり、12月24日の師走ステークスでは、16頭だての最低16番人気で14着、先週のダイヤモンドステークスでは16頭だての15番人気で、激走1着という結果です。
昨年4月までは、1着、5着、1着ときましたのに、5月以降急降下しまして、着順は、13着、13着、12着、10着、14着・・・だったのですね。

2012.02.18東京ダイヤモンド G3 芝3400 16 151吉田 豊 55.0506 3:36.8(ギュスターヴクライ)
2011.12.24中山師走S ダ1800 16 1614的場 勇人 56.0506 1:54.4タガノロックオン
2011.11.20新潟福島記念 G3 芝2000 18 1610中舘 英二 56.0496 2:00.8アドマイヤコスモス
2011.10.30京都カシオペアS 芝1800 18 812藤田 伸二 57.0488 1:47.0ダイワファルコン
2011.07.10中山七夕賞 G3 芝2000 17 1213江田 照男 57.0496 2:01.5イタリアンレッド
2011.05.28東京目黒記念 G2 芝2500 稍重18 313藤田 伸二 57.0498 2:34.0キングトップガン
2011.04.24東京メトロポリタ 芝2400 14 31藤田 伸二 56.0496 2:28.0(ネコパンチ)
2011.01.05中山日刊中山金杯 G3 芝2000 16 65吉田 豊 56.0500 1:59.9コスモファントム
2010.12.18中山ディセンバー 芝1800 13 61戸崎 圭太55.0494 1:47.9(レッドシューター)
2010.11.13京都アンドロメダ 芝2000 13 58武 豊 55.0494 2:00.3アドマイヤメジャー
2010.10.24東京甲斐路S 芝1800 12 41吉田 豊 57.0494 1:48.6(ロードアリエス)


☆☆
ということで、
本日は、性懲りもなく、競馬の馬券を買ってまいりました。
道祖神 様の願いは、かないませんでしたが、当方の応援する他のお馬さんに何とか、ですね。

との思いもむなしく、ほぼ全滅。1個だけ当たりましたが、マイナス4千円。
はたして、日曜日の行方やいかに。

馬券を買わずに、本を片手に、旅に出ましょうか?
それとも、本やさんで、洋書を買うほうがよいでしょうか?

皆さんは、どうか、有意義な週末をお過ごし下さい。
ギャンブルに溺れると、どうも、これはいけません。
少し暖かくなりましたので、外に出たいところですね。

では また。


西新井sunny-side up の近況

画像0225 003.jpg
地球は、きれいですね。
こちらは、最後に撮られた地球の映像です。
美しき、青き星、地球。

GET した本:
画像0225 005.jpg
右側の本は、地球温暖化についての、警鐘本です。

本に掲載されていた氷河の後退の一例
画像0225 001.jpg
とある氷河の30年前の写真(上)

画像0225 002.jpg
同地点の最近の写真(下) 氷河はすっかり消えています。

地球全体の平均気温は、年間1度以下しか上昇していないのに、氷河はどこも、こんな状態になりつつあります。
長期的な地球の問題としては些少なのでしょうが、地球上で暮らす「人類」の問題としては、実にゆゆしき事態ですね。


寝不足を解消すべく、金曜日夜10時に就寝して、午前5時起床。7時間睡眠で、昨日ゼロの睡眠の帳尻を合わせました。
2日合計7時間睡眠で、一日3時間半、平均しますと、通常の睡眠時間の確保です。
日常生活でもよく使うのに、「平均」がよくわからない大学生が6000人中1500人もいるというのは、どうしてなのでしょうか?
本当に疑問ですね。

では。

追記: おわび
 以下の事情で、ブログが普通に書けないんです。
 (えっと、当方の怠慢も原因です。すみません。)
 皆様にも、(ブログが出てこなくて)ご迷惑をおかけしております。
 誠にもうしわけありません。

表示遅延に関するご報告とお詫び [pickup]

いつもSo-netブログをご利用いただき、誠にありがとうございます。

現在、So-netブログにおきまして、夜間の時間帯に、サイトの表示が遅くなるという問題が発生しております。本件の内容と対策状況についてご報告致します。

■現象について
記事ページおよび管理トップを表示した際、アクセスするタイミングによって時間を要する(10秒以上~)場合がある

■現象の発生が顕著な時間帯
夜間 20:00~24:00 頃
・昨年12月中旬から現象を確認し始め、1月以降から多発
・2月以降は、頻繁に現象が発生していることを確認

■原因と対策の状況について
現象の分析を行なったところ、アプリケーションサーバの負荷およびデータベースの応答遅延を確認しております。システム上の課題と、スパム利用の大量発生を起因としている可能性が高く、要因の絞り込みと改善を下記の通り行なっております。

・スパム利用(投稿やコメント)への対策
・ハードウェアリソース増強によるサーバの処理状況の改善
・データベースにおける問題点の更なる解析と改善事項の絞り込み

現在、上記に基づく対策に集中して取り組んでおり、完了次第、状況が改善することを見込んでおります。進捗がありましたら随時、当記事にてお知らせをさせていただきます。


本件により、多くのユーザーさまへ多大なご迷惑をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。大変心苦しいお願いとなりますが、最優先事項として取り組んでおりますので、改善までいましばらくお待ちをいただけますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

☆☆
10秒以上ではなくて、3分待つのだぞ、なのですが。
待っても「技術的なエラーで・・・」で結局表示されないことが非常に多いのですが。
ご迷惑をおかけしていますことを、おわび申し上げます。

夜8時以降(当方が普通にブログを書く時間帯)は、ブログを書き進めることも、大変困難になっております。
一応、3行に一度全文コピーをして、(いつ飛んでもいいように)書き進めておりますが、写真の取り込みに1枚30分を要したり(何回も失敗するのですね)、管理画面すら開けるのに10分以上要する場合もあり、難儀しております。
絵本とかをたくさん出すには、果てしなく時間がかかる状況です。

何卒、ご寛容くださいますよう、お願いもうしあげます。
 


英語は? 100年に一度のレース 負けはしたが強かったオルフェーブル君 の巻 [主として競馬]

英語は? 100年に一度のレース 負けはしたが強かったオルフェーブル君 の巻

皆さん、遅い時間ですが、こんにちは。
このような英語ブログにあるまじきタイトルで恐縮なのですが、ホントに、100年に一度のレース、そ
ういう競馬レースが、今日出現してしまったのですね。

英語の関係のお話・話題は、宣伝で恐縮ですが、
今回は、ひとつだけだと思います。

ふたつき近く止まっておりました「やさしい洋書を楽しく読もうブログ」ですが、ようやく再開いたしまして、記事をひとつアップいたしました。
まだ、ひとつだけですが。

A JIGSAW JONES MYSTERY
ステキなオフィスを持つ、小学生探偵のJIGSAW君です。
小学2年生にしては、なかなかの好人物とみましたですね。

今後も、週1~2本の予定で、アップする所存です。
何か、照れますね、「所存」などと言ってしまいますと。 

☆☆
えっとですね、きょうは、一日家におりまして、馬券は買っていないのです。

テレビでみていたのですね。
テレビといいましても、普通のテレビはウチにはありませんから、携帯のワンセグで見ていたわけです。
NHKのペンギンズも、英語にして、携帯で見てたのですね。スキッパーは、1センチあるかないか。

残念ながら、まだ、テレビは天下っておりません。
テレビと自転車が、早急に天下られることを望んではおりますが。

英語ブログとしまして、ひとこと申し上げますと、
今日は、TOIECの実施日でありまして、試験会場で頑張られた皆さんも多いと思うのです。
当方も、自分は受けておりませんが、心情的には、受験される方を応援しているのですね。

かなりの英語ブログが、ここ数日~2週間ほど、TOEIC色に染まっております。
もともと、TOIEC挑戦を掲げたブログも多いわけですね。
きょう、あす以降も、さらに増すものと思われます。
受けておられる方が多いですから、まあ、当然ですね。

それを、このようなタイトルのお話で、不謹慎きわまりないとは思うのですが、ですね。
ふだんでさえ、ただ絵本などを読んで、グダグダ言っているに、ですね。
あろうことか・・・。


☆☆
で、ですね。

オルフェーブル君が負けてしまったレースなのですが。
単純な負け方ではないのです。

これはもう、一競馬ファンとして、競馬に何の興味もない皆様にも、是非にもお伝えしなければならない、そう決心した次第であります。

決心しただけで、向こう見ずにアップしてしまうのが、かなしきサガなんですね。
おもいたったが吉日の性格、なんです。
出たとこ勝負の足立sunny、と言われております(誰に?)。
イノシシ年の生まれです。
破天荒なO型で、奇想天外なみずがめ座です。


☆☆
いちおう、彼の栄誉といいますか、これまでの軌跡を、少し振り返ってみます。

オルフェーブル君は、オスの4才馬です。

お父さんは、引退レースで香港のG 1レースを勝ったステイゴールド、その父サンデーサイレンスという名血統の馬です。

当初、やんちゃで、取りこぼしたレース(大敗)もあったのですが、急にグンと強くなりまして、

昨年の、牡馬3冠クラシック(皐月賞、日本ダービー、菊花賞)を圧倒的強さで制しました。

そして、昨年暮れの「有馬記念レース」でも、堂々と並み居る古馬を退け、4冠となりました。

今年は、当然のように春の天皇賞GⅠを勝ち、フランスの凱旋門賞に挑戦、というのがだいたいの筋道となっています。
凱旋門賞でも、栄冠を期待する声が、国内には満ちているのです。

彼と同じステイゴールドの子供:ナカヤマフェスタ君が、一昨年、2着になっています。
昨年は、ドバイワールドカップでも、日本馬の優勝、ワンツーという驚くべき結果でした。

そういう状況ですから、現在国内最強のオルフェーブル君にかかる関係者・ファンの期待は、桁外れのものです。

その彼の今年初戦、天皇賞の前哨戦が、今日の「阪神大賞典3000mGⅡ」です。
直前の調教などでは、あまり調子はよさそうにおもえなかったのですが、実績が実績ですから、
もちろん、圧倒的な一番人気でした。
だれもが、勝って当然、と思っていたと思います。

☆☆
では、ついに、その100年に一度のレースを、ご覧いただきましょう。

3000メートルありますから、コースを約2周しますので、
肝心な場面が出てくるまで、少し時間がかかります。

ゼッケン12番のブラウンがかった輝く馬体のお馬さんが、オルフェーブル君です。
実況で、常に出てきますし、2周目の途中から先頭に出てきますから、見失うことはないと思います。



下の動画、削除されましたので、上をご覧下さい。





☆☆
いかがでしたでしょうか?

かなり斬新?なレースぶりでしょう。
やんちゃ、なんですね。
まず、今後100年たっても、二度とお目にかかることはないと思います。

故障(足の骨折とか)発生、この名馬もターフに消えてしまうのか?
見ていた方は、ほとんど、途中で、そう悲鳴をあげられたものと思います。
絶叫が、テレビからも伝わってきました。

勝負どころの3コーナーで、あれほど急激に後退して、最後方までいってしまった彼。
(曲がるのを拒否して、まっすぐ進もうとしたらしいのですね。)
故障以外で、このようなことは、まず起こりません。

かりに故障でなくとも、これだけ失速しますと、普通は、そのまま、最後方で終わりなのですね。
だいたい、マラソンでも、失速したら一巻の終わり、がほぼキマリなのです。

それを、あろうことか、再加速して、他の馬をごぼう抜き。
ギュスターブクライという父ハーツクライ(その父サンデーサイレンス)の馬に敗れはしましたが、
それでも、「強い」、を再認識させられたレースでした。

追記
オルフェーブル君、
失速と思いましたのは、
どうやら、コーナーで曲がることを拒否して、まっすぐ進んだため、騎手が必死でブレーキをかけたようで、
「世紀の大逸走」『大暴走』、というのが真相のようです。

かなりのスポーツ新聞の、一面をハデに飾りましたですね。

画像0316 018.jpg

追記終わり。 


ちなみに、1着になったギュスターブクライ君ですが、前回競馬関係の記事に致しました『道祖神さまマラソンレース大勝利』(記事タイトルは、「驚きの土曜日の巻」)での、2着馬なんです。道祖神様にやられてしまった、前回1番人気の馬さんなのですね。

そして、その父ハーツクライは、無敵といわれた7冠馬ディープインパクト(父サンデーサイレンス)を、国内で唯一破った有馬記念優勝馬(こちらも父サンデーサイレンス)
なんです。

このレースを勝ったことで、彼も、今後ずっと、あの全盛期のオルフェーブルを破った馬・オルフェーブルが勝手にずっこけたレースを勝った馬として、記憶されていく運命なのですね。

さらに、ちなみに、ちなみにですが、3冠馬オルフェーブル君の3冠のうち、日本ダービーと菊花賞の2着馬は、ともに、これも父ハーツクライのウインバリアシオン君。
ハーツクライ産駒と、不思議と縁があるのですね。

オルフェーブル君も、父ステイゴールドの父は、サンデーサイレンスで、サンデーサイレンスお孫さんたち全部大活躍という、最近の競馬界です。


☆☆
競馬は筋書きのないドラマとよくいわれますが、ときどき、腰を抜かすような出来事が起こります。
100年に一度のレース、そんな今日の競馬風景でした。

最後に、動物関係で一冊、最近入手した本を。

画像0316 017.jpg
こちらは、残念ながら解説があまりやさしくない動物全般の本なのですが、推定8キロ以上、現在もっとも大きくて重い本となりました。

では また。
次回は、おそらく英語に関係すると、思います。

西新井SUNNYーSIDE UP の近況

先日来、特に変化がありません。当方の所持金が、いつも以上に少ないのが目立つところです。ですから、競馬の馬券を買いに行かなかったのですね。
タバコをやめますと、相当の金額が浮き、本が買えます。月に、何十冊か、ですね。検討中。
では。


驚きのブログ 驚きのタイタニック馬券 驚きの「こんなに外れちゃだめかしら?」 の巻 [主として競馬]

きょうは、関東は、いいお天気でしたですね。
皆様の、英語の学習や、他の用事も、スムースに運ばれたかと思います。
ブログを拝見していますと、洋書をバシバシ読まれたり、NHK英語をバシバシされている方が、多いようですね。

当方の英語は、本日「ほぼ、お休み」です。

☆☆
その1.驚きのブログ

それにしても、驚きましたね。

実録、翔の「極楽カナダ生活(ブログにリンク)」

このブログを発見したのが、昨14日です。
14日が、タイタニック沈没100年目にあたるので、・・・という記事でした。

著者は、カナダ在住の12歳、飛び級して、現在は高校生とのこと。
しかし、とても12歳の方の書いた文章とは、思えません。
漢字にふりがながふってあるのは、普段は英語を使われていて、ブログが日本語・漢字の学習を兼ねているからなのでしょうが、ですね。

世の中には、逸材がいるものですね。
あぐっ。

で、ですね、
マチャさんのブログでも、タイタニック沈没100年目ということで、映画タイタニックの主題歌:歌セリーヌ・ディオンさん、の作詞家の方を採り上げられていて、
しみじみと、歌を聴いたのです。

14日の終り頃には、「タイタニック」が、当方の「ない」頭にも、かなり、刻まれたのですね。
「やさしい洋書を楽しく読もう」で、タイタニックのことを書いた本を取り上げたことも、少し、頭をよぎりました。

そして・・・

☆☆
その2.驚きのタイタニック馬券

15日、本日は、競馬のG1皐月賞です。
当方の本命は、先のブログの追記でも表明しました、2番:アダムスピーク、スリランカの聖なる山です。
昨日、皐月賞は「英語馬名で決着する」、と希望的に申し上げました。

そこで、額は少ないのですが、こんな馬券を買ってみました。

画像12-04-15.jpg
けっこう、みみっちいですね。100円馬券。

左は、2番が1着にきて、あとの馬が2,3着にくると当たりの、3連単馬券です。
右は、14番が1~3着に入ると同時に、4頭のどれかが1~3着に入ると、当たりのワイド馬券です。この4頭は、2番を除き、いわゆる穴馬と言われる馬たちですね。

それは、それとしまして、左の馬券の
当方1着予想の2番:アダムスピーク君の、相手4頭ですが、
6番 ディープブリランテ君 3番人気
9番 ワールドエース君 1番人気
14番 ゴールドシップ君 4番人気
18番 グランデッツァ君 2番人気
となっている次第です。
まあ、この4頭が、アタマ一つ、2つ分ぐらい他の馬より強い、と世間で評価・認識されているということですね。
で、まあ、当方も、そうだと思ったのです。
この4頭は、強いと。

さて、この馬君のなかで、「タイタニックに関係する英語名の馬名」は、どれでしょう?

そもそも、英語名の馬が、2頭しかいませんね。
残りの2頭は、イタリア語名です。

14番 ゴールドシップ
⇒これはもう、タイタニックそのものですね、黄金の宝の船です。
 9番 ワールドエース
⇒世界一の豪華客船ですから、そのまんまですね。

と、ここまで書いてまいりますと、皆様には、結論が見えておられると思います。

2012年皐月賞 *結果発表* 18頭立て

1着:ゴールドシップ14番
2着:ワールドエース9番
3着:ディープブリランテ6番

そうです、タイタニック馬券の出現です。
100年目ですから、ですね。

4着:コスモオオゾラ15番
5着:グランデッツァ18番


18着:アダムスピーク2番

当方の本命馬は、最下位の18着(ベケ)。
大空 君も頑張りました、4着です。
当方の馬券の、相手の4頭は、人気も1~4番人気なのですが、
1、2,3,5着です。

つまり、「当方の本命の2番だけ、まったく来なかった」のですね、ベケ。
ううう。

☆☆
その3.驚きの「こんなに外れちゃだめかしら?」

これは、まあ、予想した当方自身のせいなのですが、
朝ですね、「サンケイスポーツ」を広げた途端、
実は、全身にシビレが走ったのですね。

「こんなに外れちゃだめかしら?」
(サンケイスポーツ競馬コラム:高橋源一郎 氏)」

この競馬コラムは、作家(ものすごく文学の造詣が深いが、とっても複雑怪奇で、変な作品が多い)で、今は大学のセンセイでもある高橋源一郎さんの、名物コラムです。

氏がこのコラムで「本命と力説」すると、世間で大大本命のどんな「大本命」もおもいっきりズッコケ(3着が多いですね)、
有力な穴馬を指名すると、その馬は1~3着にけっこう来ることがあるのですが、相手のいわゆる本命馬がだいたい4着以下になる(馬券としては外れる)、
のです。

その馬券の絶妙な外し方は、天才としかいいようがありません。
実は、当方は、このコラムを見るために、サンケイスポーツを買っているのです。

もう一つ、氏のお話で多いのが、「理論は正鵠だが馬券は外れる」システム、です。
まあ、これは説明しにくいのですが、例を挙げますと、次のような感じです。
(1)
この重賞レース(芝)は、例年ダート(砂)実績のある馬が強い、と述べられて、3頭ほどをピックアップすると、ピックアップ外の「ダート実績のある馬」(1頭しかいない)が1着となる。
(2)
このレースは、なぜか体重の軽い馬が強い、と述べられて、4頭ほどピックアップし、本命馬、対抗馬・・・と順番をつけると、名前を挙げてはいるものの氏の一番印の軽い馬(というか無印の馬)が、1着になる。
(3)
ハンデ戦で、ここはハンデの取捨選択が大事と述べられ、例年の傾向から軽ハンデの馬の出番と力説されると、「最も重いハンデの馬」が1着になる。

そして、氏は、普段はステイゴールド産駒を、けっこう気に入っておられて、本命にするはずなのです。
その高橋さんが、今回は、「アダムスピーク」を本命に指名していたのです。
ステイゴールド産駒の「ゴールドシップ」ではなく、ですね。

ちなみに、ゴールドシップ君は、去年の3冠馬オルフェーブル君と同じ、父ステイゴールド、母の父メジロマックィーンという、同配合の血統です。
過去に、この交配の馬は6頭いまして、うち4頭が重賞勝ち馬(G1勝ち馬はオルフェーブル君とその兄のドリームジャーニー君)という、黄金の配合と言われています。
そして、氏も過去にこのコラムで、いかにこの父、母の父の組み合わせが素晴らしいかを、「力説」しています。

その氏の本命が、今日は、アダムスピーク君(父ディープインパクト)でした。

もうダメだ、正直、そう思いました。
今日だけは、アダムスピーク君の出番はない、と。

実は、当方ですね、高橋さんと、意見が合うことが多いのですね。
ははは。

その結果が、・・・18着(ベケ)です。
高橋さんもガックシきていると思いますが、当方もガックシきています。
もっとも、悪いのは高橋さんでなく、同じ予想をした当方です。

☆☆
ということで、
今年の男馬3冠:第一弾の皐月賞は、
見事、ゴールドシップ君が勝ち取りました。ぱちぱちぱち。

当方の馬券は、見事に外れ、自転車は買えません。
テレビも、ですね。

本日の教訓:
日頃から、節目節目には、気をつけよう。
源一郎さんと本命馬が重なったときは、素直に違う馬に、変更しよう。
ギャンブルは、身を滅ぼす。

では また。


西新井sunny-side up の近況

ということで、ギャンブルの夢破れ、夜の8時過ぎに、スゴスゴと帰ってきた当方です。
でも、アダムスピーク君の真の実力は、最下位のものではありません。
いつか、巻き返して、再び重賞の栄冠を手にする日が来ると、信じています。
まあ、今日のところは、完敗ですが、ですね。

これから、(非常に質素な)食事をして、一日1分をタイプしなければ。
では。



天皇賞で勝負して、連休は、奈良…京都…大阪…神戸だ の巻 [主として競馬]

本日は、春の天皇賞(G1 京都競馬場 3200m)なのです。

せっかく絵本朗読のYoutube動画を見つけましたので(前回記事)、絵本動画に浸ろうかと思ったのですが、
天皇賞、ときましては、
馬券を買わないわけにはゆきません。

ここで、勝負をして、奈良…京都…大阪…神戸に行きたいのです。
今のところ、所持金0円なら、お小遣いの範囲内でいけるのですが、それでは現地で立ち往生します。
たこ焼き資金と、鹿せんべいのお代を、捻出する必要があります。
神戸の、スイーツ資金も必要です。

本棚貯金を探してみたものの、海は広い、もとい本棚は広いので、まだ見つかりません。

そこで、天皇賞(競馬)に頼ることにしました。

関西への旅行に備えて、辞書も用意しました。

画像12-04-28 004.jpg

(※)
I understood は?

Wakarimashita.

(※)
I didn't understand は?

Wakarimasen deshita.

よし、OK.


日本語勉強してどうする!
お前は日本語しゃべれんのか!

そでした。
日本へ来られた外国の方には、なかなか、お役立ちの辞書&フレーズ集
です。

☆☆
春の天皇賞。
絶対的な本命は、先日とんでもない逸走をしてもなお2着でした、
4冠馬「オルフェーブル君」です。
普通に回ってくれば圧勝だ! との世間の見方です。

そこで、今回は、思い切りまして、
大勝負に出ました。

レース前に宣言しておきませんと、いけないわけですね。
それで、せっかくの前回記事を踏み倒して、今回のお話となるわけです。
前回は、それなりにましな感じのブログ記事だったのですが、ですね。


当方の本命は、「トーセンジョーダン君 5歳」。
昨年の天皇賞秋(G1 東京競馬場 2000
m)を、レコード勝ちした逸材です。

今度は、前回予想と異なり、最下位(ペケ)になることはまずありません。
前回予想しましたお馬さんは、見事ペケだったのですね。

サンスポの高橋源一郎さんの本命からは、外れました。
これでOK、といいますか、源一郎さんの本命が「オルフェーブル君」なのです。
危険です。
世間の圧倒的本命馬に、見事に人気を裏切らせることを得意とする氏ですから、何かが起こりましても不思議ではありません。
ただ、トーセンジョーダン君に、▲逆転の可能性アリ、と指摘している点は、非常に気になるのですが・・・。

では、勝負馬券の公開です。

では。

さあ。

画像12-04-28 003.jpg


たった700円で寝言をいうなああ!
どこが大勝負じゃ!
しかもワイドでどうする!
世間様をナメルな!
あたっても、キャンディしか買えんわい!

まあですね、
大きなレースというのは、少し応援して、見ている方が良いのです。

競馬&ギャンブルに血道をあげますと、これはいけません。
少額、少額、これが基本です。

16番が、トーセンジョーダン君ですね。

相手の方は、7頭。
5番 ジャガーメイル君 一昨年、このレースを勝っています。
7番 ユニバーサルバンク君 前走1着です。
8番 ギュスターブクライ君 前走でオルフェーブル君に勝った馬ですね。
10番 ケイアイドウソジン君 これはもう、道祖神様ですから、一番応援しているのです。
12番 クレスコグランド君 なんとなく走りそうなのです。
13番 フェイトフルウォー君 オルフェーブル君と、父(ステイゴールド)、母の父(メジロマックイーン)ともに同じです。
15番 ヒルノダムール君 昨年のこのレースの勝ち馬です。

えっ、少額すぎるだろう? ですか。
小学生のお小遣いよりも低い?

実はですね、
競馬資金で、絵本を買ってしまったので、千円しか残ってなかったのです。
競馬はいつでも出来ますが、古本は、買っておきませんと、なくなってしまいます。

というわけで、馬券があたりましても、
奈良、京都から遠く離れた「横浜」ぐらいまでしか行けませんが、
絵本動画もあることですし、うどんを食べてすごそうと思う次第です。

競馬などをされる方は、かけ金は慎重に!
ギャンブルはほどほどに!
まずは、生活が第一です。 

こんな記事では、また怒られるだろうなあ。

では また。

西新井SUNNY-SIDE UPの近況

700円しか買いませんでしたが、一応、当たってキャンディ&おせんべいが30袋ほど買えるかもしれませんので、のんびりと過ごしたいと思います。
みなさまも、よい休日を。
仕事の方は、ハードに頑張って下さい。

天皇賞競争の結果&感想は、本日、追記する予定です。
はたして、キャンディ&おせんべい30袋は入手できるのか?

では。

大追記:大波乱の天皇賞春

高橋源一郎さんの本命沈むよ予想は、生きていました。
単勝1.3倍、圧倒的大本命の「オルフェーブル君」は、直線伸びず、まさかの11着惨敗。




春の天皇賞を勝ったのは、ナント、今回が重賞初制覇の「1番 ビートブラック君」。
長丁場は合っていて、3歳時の菊花賞では3着でした。

単勝万馬券:15960円(100円買うと15960円)の大波乱です。
父ミスキャスト(父の父サンデーサイレンス)ということで、オルフェーブル君と同じサンデーサイレンスのお孫さんです。
母の父ブライアンズタイムは、長い間、ノーザンテースト(死亡)、トニービン(死亡)とともに、3大種牡馬と言われていた種牡馬ですから、父の父、母の父ともに、大舞台に強い大種牡馬の血統です。条件があえば底力を発揮するということですね。
よく頑張りました。ぱちぱちぱち。

ちなみに、春の天皇賞では、このような大逃げ的な先行馬がそのまま残って大穴を開けるケースは、けっこうあるのです。この時期、京都競馬場は馬場がいいので、スイスイ前にゆきますと、今回のように、そのまま勢いが止まらないのですね。

しかし、2番手追走から、早々と先頭に立ち、一番にゴールに飛び込んだビートブラック君と騎乗した石橋脩騎手には、素直に賞賛を送るべきでしょう。
石橋脩騎手は、こういうすんなり先行する形のレース運びがうまいのですね。会心のレース運びで、ビートブラック君の眠っていた才能・底力を開花させた、といってよいと思います。

11R 天皇賞(春)(GI)

4歳以上オープン(国際)(指定)3200m 芝

 

 

着順馬番馬名タイム
(着差)
111ビートブラック 3:13.8
2816トーセンジョーダン
3611ウインバリアシオン


2着は、当方の本命、16番 トーセンジョーダン君3番人気。
とりあえず、今回は、当方の本命馬は、殿を免れました。

3着には、いつもオルフェーブルにだけ破れていたウインバリアシオン君2番人気。
健闘しましたね。

レース結果の配当は、以下のとおりです。

単勝1 15,960円 14番人気 馬単1-16 208,630円 135番人気
複勝1
16
11
3,720円
400円
350円
12番人気
3番人気
2番人気
ワイド1-16
1-11
11-16
8,400円
8,870円
760円
45番人気
47番人気
5番人気
枠連1-8 3,580円 11番人気 3連複1-11-16 97,140円 141番人気
馬連1-16 61,570円 58番人気 3連単1-16-11 1,452,520円 1023番人気


それはもう、大大波乱です。
2番人気、3番人気が来たとはいえ、1着が単勝万馬券で、
圧倒的1番人気のオルフェブル君が、いなくなってしまったのですから。


皆様、すでにお気づきでしょうか?

当方が、1番も11番も、買っていないことに!

ない知恵をしぼって、相手を7頭に絞ったんですね。
絵本をその前に買ってしまったので。
素直に、相手を全馬としておけば、よかったんですね。

16番トーセンジョーダン君から、馬連で総流し(相手17頭)しますと、
1700円の資金で、61570円です。
これですと、奈良・京都には、楽に行けますね。

16番トーセンジョーダン君から、ワイドで総流し(相手17頭)しますと、
1700円の資金で、8160円です。
キャンディをいくら食べても、大丈夫です。
銀座コジー・コーナーのケーキもOKですね。

馬券を買ってから、絵本を買いにゆけば・・・。
そういうレバたらを言ってはいけません。
ギャンブルは、すべて自分で決めてするものです。

まあ、こういう結果ですから、予想が当たっているようで儲からず、という競馬生活なのですね。
まあ、実損が、少額ですから、いいのですが、ですね。

えっと、ですね、実は、5番のジャガーメール君は、ほんとに小差の4着だったのです。
こちらが3着になっていれば、十分におせんべい50袋は買えたと思います。
まあ、さらなるレバたらなのですが。

当方の、連休を奈良・京都で、の夢は破れました。
4冠馬オルフェ-ブル君の夢も、打ち砕かれました。
オルフェーブル君を1.3倍に支持したファンの大方は、馬券を外したことでしょう。

やはり、競馬(ギャンブル)は、ほどほどに。
お馬さんが走る競馬には、いつもドラマがありますね。

☆☆
しかし、高橋源一郎氏(作家、のちに大学教授にしてサンスポ予想陣)の予想は、改めまして、「恐るべし」、と言うべきでしょう。

圧倒的本命馬、単勝1.3倍の4冠馬を、いとも簡単に馬群に沈める(11着)氏の予想力には、脱帽せざるを得ません。

ただし、氏の名誉のために申し上げますと、氏の予想は、的はずれなわけではありません。
氏の本命馬はオルフェーブル君ですが、
対抗○は3着のウインバリアシオン君、単穴▲は2着のトーセンジョーダン君ですから、
氏の予想は、だいたいが「自身で押した◎本命だけは来ない」予想なのです。

でも、氏の、「先に行って粘れるこの馬(トーセンジョーダン)だけに逆転の可能性がある」との指摘は、まさにレースの核心をついた正鵠で、
先に行った2着トーセンジョーダン君の、更にその前に、「先に行って粘れるビートブラック君1着」がいたわけですね。氏の◎はきませんが、慧眼なのです。

画像12-04-28 006.jpg

コラムに名前の上がってる馬は、けっこうくるのですね。あっさりダメ出しした馬ですとか、一旦は本命にしようとしてやめた馬ですとか。
今回は、コラムのプレノタート⇒僅差の4着(3着までに来ないと馬券の対象外)。
京都12Rは▲12番サイオンが1着、東京12Rはコラムの◎ナンヨークインはどこにいったのか着順不明ですが▲8番インディーズゲームが2着。
◎があっさり消えて▲の方がくる確率が高いのも、わりと氏の特徴と思われます。

でも、とっても、楽しいコラムなんですね。

ということで、

天皇賞春が終わりまして
世間は大騒然、当方がっくし、ですが、

皆さまには、元気で、連休をお過ごし下さい。
では また。


「 何事も経験だ、試してみないと」と、下らないことに後悔する日々? の巻 [主として競馬]

皆さん、本をお読みですか。

学習塾の栄光ゼミナールが、小学生の男子に、「本を読みましょう」「読書によって培われる読解力こそが全ての土台である」と呼びかけています。

男の子は、ほうっておくとゲームばかりして、本をほとんど読まないみたいですね。
まあ、とにっかく、今時のゲームは、複雑怪奇、面白すぎますね。

実は、当方も、昔は、ゲームにハマっていたのです。
しかし、「ボー」としていますから、
シューティングゲームなどでは、敵にスグやられてしまいます。
「来た」と思った瞬間に、(こちらが一発うつ前に)、すでにやられています。
マリオなど、ジャンプして橋も越せません。

のんびりとしたドラクエ、ファイナルファンタジーなどのロールプレイングゲームと、シムシティなどのシュミレーションゲームが頼りです。
つまり、「対応できるゲームが数少ない」ですから、多少はまっても、時間に余裕があって、のべつまくなしゲーム状態にはなりませんでした。

今時の男子子供でしたら、ゲームがパキパキできないと、仲間はずれにされてしまう、そんな気もするわけですね。買える財力は、ありますから、ですね。
ゲームも多種多様ですから、これを次々追いかけるだけでも、相当の労力を費やします。のんびりと読書する時間など、ひねり出せそうもありません。
学校の図書室が閑古鳥なのは、仕方がないかもしれません。

学校だけでなく、
「塾までが、子供に読書を勧める」、変な時代になりましたね。

でも、読書によって培われるものが、土台である点は、そのとおりだと思います。

☆☆
えっと、ですね。

きょうは、そういう真面目な話ではなくてですね、日曜日ですから、これからヨタ話を展開するはずなのです。

あまりのくだらなさに、ガックシして、箒を投げ出さないで下さいね。

さて、
改めまして、皆さん、

とっても下らないことなのに、激しく後悔することって、時々ありますね。

ちなみに、この「下らない」は、
徳川の御代であった江戸時代、
新興の武家社会都市である江戸には、基本的に物資の生産拠点がなく、物産の上物や酒類などはほとんど上方(関西方面)からの「下りもの」が幅を利かせていたため、
《下り物》⇒上方からの上等なもの、
{下らないモノ}=上方から下ってきたモノではない⇒ダメなもの、
ということで、
「下らない⇒大したモノでない、ダメなもの」として定着したわけですね。

この西新井ブログも、なかば「くだらないもの」として定着していますが、これは関東:足立発が原因ではなく、作者の知恵、筆力及び人格の問題ですね。

☆☆
で、ですね。

まず、後悔するもの、その1がこちらです(怒られるかな?)。

画像12-09-13 007.jpg

ナイスな外観ですね。「スカッとコク深い」、グッとくるセリフです。

で、
冷やしたフレッシュな状態で飲むと、(失礼ながら)激マズです。

世界の国民的飲料として定着したcoffee.
これまた世界中で愛飲されている炭酸飲料。

この組み合わせは、過去に何百回となく試されたと思いますが、手軽な飲料としてはいずれも定着せず。
つまり、基本的に「合わない」ことが、なかば実証済み、となっています。

当方が飲む前の、いろんな方のブログでの評判でも、・・・、散々だったのです。
「基礎屋」(住宅の基礎を作る人)の青木親方も、「昨日飲んだけど失敗だった」と言っていたのです。

にもかかわらず、何事も経験だ、自分の舌で判断しなければ、と踏み込んでみたのです。
虎穴に入らずんば虎子を得ず(ちょっと違うかも?)。

結果は、「炭酸が利いていて、冷たい状態で飲むと、明らかにマズイ」と思います。


しかし、
かかしは、scarecrow.

後悔は、そこではありません。ここまでは、必要な事柄です。見聞だけでは、物事の見極めはつきません。

もしかしたら、冷えて、炭酸が効きすぎているといけないのでは?
と思い、
1日たって、常温にして、やや炭酸が抜けた状態で飲んでみたのです。
当方、アイスコーヒーを、冷たくしないで飲むのが、けっこう好みなんですね。

でも、相変わらず、やっぱり{マズ}かったのです。
あああ・・・。
あまりにくだらなくて、後悔しますよね。


☆☆
さて、次は、秋競馬です。
いよいよ、夏のローカル競馬も終わりを告げ、秋のG1シーズンに突入しました。

夏競馬では、北海道遠征の札幌競馬場で、あえなくちょっとだけダウンしましたが、この秋競馬では、完全制覇を目指さなければなりません。

ここで勝負しなければ、冬を越せません。
餅代どころか、凍えてしまいます。
まだまだ暑い、暑いいと言っているうちに、凍える冬はもう直ぐ目の前です)。

そういうわけで、グッと意気込んで先週臨みましたが、

当方の本命馬エピアセローム4番(それほど人気でない)が1着に来て、しかも大人気の本命馬ロードカナロア9番(もう、とっても強くて、圧倒的2番人気の馬)が2着で、さらに圧倒的1番人気馬カレンチャン(すでにG1レース2勝のとってもとっても強い馬、ただし休み明けで20キロ増)はまず来ないとみて馬券から外した(結果4着でした)、にもかかわらず、
サッパリ儲からなかった、というていたらくです。

くだらないことながら、ガックシきますね。

三連複4-9-16は6万超、三連単4-9-16は37万超だったというのに・・・ううう。
自分の「直感」を信じ切れないという、馬券師失格状態です。

そこで、今週は、予めレースの「予想」「買い目」を公開しまして、あらかじめ「くだらない後悔のタネ」を「せきららに」公表してしまおう、という思惑です。
どうせ後悔するのなら、大々的にお知らせして後悔しよう、というものであります。

とっても、くだらないでしょ。

しかも、競馬資金たるや、ナント驚愕の4000円。

買うレースは、3つです。

へっ。
うなぎでも食べたほうがいいんじゃない?
お米を買うとか?

☆☆
(1)GⅡローズステークス(阪神競馬場:芝1800メートル)
このレースは、3才牝馬3冠レースの最後「秋花賞」(もう少しマシな名前にできなかったのか、と毎年思う名前なのですが)のトライアルレースで、11頭立て。

◯6番ジェンティルドンナ嬢(桜花賞G1、オークスG1の2冠馬)が、単勝1倍台の圧倒的人気です。
ディープインパクト産駒です。
◯7番ヴィルシーナ嬢(桜花賞2着、オークス2着)も出走します(なぜか、3番~4番人気)。
こちらも、デープインパクト産駒です。
◯10番ハナズゴール嬢(桜花賞トライアル:チューリップ賞勝ち、G1NHKマイルカップ7着、オークス7着、G2札幌記念4着)が、土曜日の前売り2番人気です。
こちらは、同じサンデーサイレンスの孫ながら、父は「オレハマッテルゼ」。
◯8番ラスヴェンチュラス嬢が3~4番人気です。
このレースで、過去に3着に入っている馬の好走条件である新潟古馬混合1000万条件で、僅差3着でしたこちらも、父デープインパクトです。

さて、当方は、どうすればよいでしょうか?
次の6頭を、組み合わせて買おうと思っています。
どう組み合わせるかは、後述しますが。

本命馬◎は、9番サトノジョリー嬢(前売り単勝75倍10番人気)。2着候補です。
主な戦歴は、前走ダートの関東オークス(地方交流の牝馬限定重賞)2着です。中央の芝での好走歴は、重賞5着1回、オープン5着1回で、ほとんどありません。

対抗◯は、桜花賞8着、オークス8着の4番トーセンベニザクラ嬢(同単勝21倍5番人気)。2着候補。
黒▲(単穴)は、3番キャトルフィーユ嬢(忘れな草オープン勝ち、オークス14着のディープインパクト産駒です)。2着、3着候補。
この3頭は、主に2着候補です。

もう3頭は、7番G12着続きのヴィルシーナ嬢(1着、2着候補)と、G1で7着、7着の札幌帰りハナズゴール嬢(1着、2着候補の1頭)、そして新潟1000万条件で好走したラスヴェンチュラス嬢(3着候補)です。

つまり、牝馬2冠の圧倒的1番人気を外し、「実績一息のお馬さんたちで勝負」、ということですね。
一応、屁理屈はあるのです。

◯関東オークス(ダート)からの出走馬は、過去10年30頭の3着以内馬のうち、2頭います(2/30)。

◯中央のオークスからの直行馬は、3冠馬を含め、その1着馬はほとんど4着以下に破れていますが、2着以下の馬は毎年かなり好走しています
。30頭中、13頭を占めます。
今回のオークス直行馬は、1着ジュンテルドンナ、2着ヴィルシーナ、10着トーセンベニザクラ、14着キャトルフィーユです。

◯札幌好走帰りの馬は、過去10年30頭の3着以内馬のうち、7頭を占めています。

ということで、
☆ワイド又はウマレンの6頭ボックスですと、1500円なのですね。
☆これに、ウマレン(6頭ですから軸を1頭決めますと5点)500円。札幌帰りのハナズゴール嬢か桜花賞、オークス連続2着のヴィルシーナ嬢を軸に考えています。
合計2000円をつぎ込む予定です。

☆面白馬券としては、i phone 5 発売馬券として、5番サンマルクイーン嬢、2番スピークソフトリー嬢(札幌好走帰り)、9月21日発売で9番サトノジョリー嬢(関東オークス2着)、1番スズカウインダー嬢(地方馬で初芝ですが)の4頭ボックス600円(これは、買わないですが)。

高橋源一郎さんの「こんなに外れちゃだめかしら」予想をまだ見ていませんので、実際の馬券は未購入ですが、浅草から帰り次第、実際の馬券を「事前後悔」いや「事前公開」予定です。



☆☆午後2時25分☆☆公開☆☆

☆ローズステークス
10番ハナズゴール嬢が感冒による熱発により出走を取り消しましたので、ローズステークスは10頭立てとなりました。
当方の馬券は、

画像12-09-13 008.jpg

ハナズゴール取消しで、再考の結果、
10頭立て中、7頭のボックス・ワイド馬券という「大たわけ」馬券となりました。
10頭しかいなくて、そのうち7頭も買うのですよ。


これで、1,2,3着が全部入っていなかったら、どうしましょう?よほどのタワケ。
しかも、人気通りきますと、マイナスです。

で、圧倒的一番人気6番ジュンテルドンナ嬢から、全く人気のないお嬢さんにウマレンを。
頭固ければ・・・、ヒモ荒れ、という格言の買い方です。


☆☆
(2)中山11レース ラジオ日本賞(ダート1800メートル)。
8頭立てなのですが、ウチ2頭は1年数か月ぶりで脚部不安アケ、1頭は初ダートで、穴馬は8番パワーストラグル君(中山ダート6戦4連対)のみ。
1~3番人気馬と合わせて4頭。
ウマレン4頭ボックスで600円、ワイド3点で300円の、計900円です。

☆午後2時25分☆
このレースは、買うの、忘れました。とほほ。

☆☆
(3)中山12レース 牝馬限定ダート1200メートル。
中山1200ダートは、外枠馬有利なので、本命は最外の16番クールユリア嬢(人気ほとんどなし)。
この馬から、15番~8番へ、ワイドで8点800円。

以上合計3700円予定です。
残り、300円で、何かプラス馬券を。

画像12-09-13 009.jpg

ちょっと番号は違うのですが、16番クールユリア嬢から、流し馬券をワイドで。
こちらは、16番が人気が全然ないので、来ればデカイと思います。


結局、投資額は、
ローズステークス 2100円プラス300円
12レース 800円
合計3200となりました。

はたして、これであたって、冬が越えせるのか。
「コーラを買うぐらいが関の山」のような気もするのですが、ですね、エスプレッソソーダは買いません!
午後4時すぎには、結果が出ます。

なお、世界の競馬ニュースとしましては、
「無敗の2冠馬キャメロット ニジンスキー以来42年ぶりのイギリス3冠ならず、3冠目のセントレジャー レースで、3/4馬身差の2着に敗れる」や、
オルフェーブル君のフランス凱旋門賞前のひと叩きレース:フォワ賞が本日行われる予定、
など、お伝えしたい話題もあるのですが、これはまた、後ほどに。


☆☆阪神11レース ローズステークス結果☆☆

着順馬番馬名タイム
(着差)
166ジェンティルドンナ 1:46.8
267ヴィルシーナ 1 1/2
378ラスヴェンチュラス 3/4

やっぱり、強い馬は強い、という結果でした。

単勝6 150円 1番人気 馬単6-7 230円 1番人気
複勝6
7
8
110円
110円
190円
1番人気
2番人気
3番人気
ワイド6-7
6-8
7-8
120円
270円
340円
1番人気
2番人気
4番人気
枠連6-6 170円 1番人気 3連複6-7-8 420円 1番人気
馬連6-7 170円 1番人気 3連単6-7-8 800円 1番人

1番人気~3番人気の1,2,3着で決まって、ワイド合計730円払い戻し。
2400円投資で、大幅マイナス。

☆☆中山11レース ラジオ日本賞 結果☆☆

着順馬番馬名タイム
(着差)
144グランドシチー 1:52.4
288パワーストラグル クビ
377トーセンアドミラル 2 1/2

買い忘れましたが、予想通り、8番パワーストラグル君、来ましたね。

単勝4 290円 2番人気 馬単4-8 4,650円 13番人気
複勝4
8
7
140円
390円
200円
2番人気
4番人気
3番人気
ワイド4-8
4-7
7-8
450円
240円
690円
4番人気
2番人気
11番人気
枠連      3連複4-7-8 3,380円 11番人気
馬連4-8 2,790円 9番人気 3連単4-8-7 21,400円 56番人気

もし、事前予想通り900円買っていれば、
ウマレン2790円、ワイド2点(4-8,7-8)で1140円、計3930円となる計算です。
こういう予想があたって儲かるレースを買い忘れてくるところが、「後悔」なんですね。
馬券師ですと、こういうレースで「ドン」と儲けるわけです。

☆☆中山12レース 結果 ☆☆

着順馬番馬名タイム
(着差)
1611マル地デンファレ 1:12.1
236デプロマトウショウ 1 1/2
312コウヨウメビウス 3/4

16番クールユリア嬢、影も形もありませんね。10着でした。
4番人気1着、1番人気2着、3着は11番人気。


総合的結果でみますと、事前予想通り買っていれば、
4000円投資で4700円払い戻しの、ほぼトントン。
しかし、当たるレースを買いそこねましたので、大幅マイナスです。

タイトル通りとはいえ「後悔」しますね。

☆☆
はたして、またまた後悔するのか否か、お米を5キロとおかずを買っておけば良かったと思うのか否かは、本日日曜日の午後4時半までに確定します。

あ~、もう、ほんとに、下らないですね。
では また。

あまりのことに、sunny-side-up の近況はお休みです。
では。


Rainbow Bread でお祝いといきたかったが、 オルフェーブル君(日本3冠馬)は 凱旋門賞2着だ!! の巻 [主として競馬]

皆さん、
オルフェーブル君は、フランス凱旋門賞2着でした。
最後の直線、残り200メートルで18頭の先頭に立って、最後の最後残り50メートルまで先頭でした。
1着馬ソレミアとの着差は、クビ。ゴール寸前、抜かれました。
次の3着馬は7馬身かなたの後方です。

凱旋門賞実況映像(日本語)は、後でリンクしてあります。

☆☆
きょうは、途中まで、一応英語です。

ネットのお料理動画を、ちょっと見ていたのですが、変わったパンがありました。

Rainbow bread 虹色パン

このパンは、小さい子供さんは喜ぶと思いますが、当方は、あんまり食べたくないかも?



この色分けパンのつくり方は、金太郎飴になじんだ方には、わりと容易に想像がつくと思いますが、ですね。

A brightly coloured bread that tastes just like regular white bread.
(味は、普通のパンと同じだが、鮮やかな色付きパン)
I don't find that you can taste the food colour at all in this.
(このように色を付けたからって、味わえるわけじゃないと思うけれども、ね) 


This is the same recipe I used in my panda bread video here:
http://www.youtube.com/watch?v=yUQ4oEnu0Mc

(レシピ こんな派手なのは作らないと思いますが、味は同じ)

1 cup milk
1 large egg yolk
1 1/2 tablespoons melted butter
2 1/2 tablespoons sugar
1 envelope (2 1/4 tsp) instant quick rise yeast
3/4 tablespoon salt
3 cups (approx) flour

Blend milk and egg yolk in large bow.
Microwave on high for 45-50 seconds until warm

Blend flour and salt together

Add yeast, sugar and butter and blend together.

Add flour/salt mixture one cup at first and then a little at a time until dough ball forms.

Knead dough ball 5 minutes adding flour to keep from sticking until smooth and elastic.

Divide dough into 6 equal pieces.

Knead in food colour into each piece until desired colour is reached adding small amounts of flour if sticking.
(色をつけますね)

Place each ball into a greased bowl, grease top of dough ball and cover with plastic wrap.
 

Place in a warm place (I put it in my oven with just the light on) to rise until doubled (approx. an hour)

Flatten each dough piece into a rectangle, the size and shape of the the bottom of your bread pan.


Brush tops of bread layers with water or milk and place next layer on top. Continue with all the layers making sure to press out any air bubbles between layers.
(平べったくしたドウを重ねてゆくわけですが、重なる部分の「空気抜き」をしっかりと


Place stacked layers into a greased loaf pan and cover with a greased piece of plastic wrap.
Place loaf pan in a warm place and let rise until doubled (30 minutes to an hour depending on temperature and yeast used).

Baked in a pre-heated 375F oven for about 30 minutes until golden brown.

Let cool on a wire rack for 10-15 minutes and then remove from pan to wire rack to cool completely before slicing. 

Store in a covered container or in a large plastic bag.
It will stay fresher longer stored in the refrigerator.

えっと、まあ、パンの色違いドウを積み重ねてレインボウ・ドウを作り、焼けばいい、ということですね。

☆☆
パンにちなんだわけじゃないのですが、この行だけ、色が、どうやっても消えないんですね(いろんな色にはナルのですが

色分けしたわけではありませんが、ここからは、急に、
競馬」の話題です。

まずは注目のフランス凱旋門賞です。
JRAホームページから、転載。

2102年 フランス凱旋門賞 動画youtube
映像を御覧ください 日本語実況中継

凱旋門賞【Qatar Prix de l'Arc de Triomphe】(G1)
10月7日(日) ロンシャン競馬場 2,400m(芝) 3歳以上 牡・牝
第6レース 現地時間 16:25(日本時間23:25)発走
賞金総額 4,000,000ユーロ
1着賞金 2,285,600ユーロ


着順ゲート番馬番馬 名アルファベット(生産国)重量調教師騎 手タイム・着差
10ソレミアSOLEMIA (IRE)58.0C.ラフォンパリアスO.ペリエ2:37.68
18オルフェーヴルORFEVRE (JPN)59.5池江 泰寿(日)C.スミヨンクビ
1714マスターストロークMASTERSTROKE (USA)56.0A.ファーブルM.バルザローナ
ハヤランダHAYA LANDA (FR)58.0L.オードンF.ブロンデル
17イエローアンドグリーンYELLOW AND GREEN (GB)54.5N.クレメントT.テュリエ1/2
18グレートヘヴンズGREAT HEAVENS (GB)54.5J.ゴスデン(英)W.ビュイック2 1/2
13キャメロットCAMELOT (GB)56.0A.オブライエン(愛)L.デットーリ
16シームーンSEA MOON (GB)59.5M.スタウト(英)R.ムーアハナ
11シャレータSHARETA (IRE)58.0A.ドゥロワイエデュプレC.ルメールアタマ
101411ベイリルBAYRIR (FR)56.0A. ドゥロワイエデュプレG.モッセ2 1/2
着外10セントニコラスアビーST NICHOLAS ABBEY (IRE)59.5A.オブライエン(愛)J.オブライエン 
着外13ミアンドルMEANDRE (FR)59.5A.ファーブルM.ギュイヨン 
着外ミハイルグリンカMIKHAIL GLINKA (IRE)59.5A.シャヴイエヴ(チェコ)M.デムーロ 
着外12ロビンフッドROBIN HOOD (IRE)59.5A.オブライエン(愛)J.ヘファナン 
着外アヴェンティーノAVENTINO (JPN)59.5池江 泰寿(日)A.クラストゥス 
着外1512ケザンプールKESAMPOUR (FR)56.0M.デルザングルG.ブノワ 
着外15アーネストヘミングウェイERNEST HEMINGWAY (IRE)56.0A.オブライエン(愛)C.オドノヒュー 
着外16サオノワSAONOIS (FR)56.0J.ゴーヴァンA.アムラン 


池江 泰寿調教師のコメント

    「日本の三冠馬が世界のトップレベルにあることは証明できたと思います。イギリスやフランスのダービー馬に大きく先着しているのですが、勝負事なので勝たなくてはなりません。後方で折り合いをつける事は、予定通りでした。早めに抜け出して目標にされた分、交わされてしまいました。携わる自分の技術がまだまだ世界レベルになかったということでしょうか。日本の調教師は、これからもどんどん技術向上に精進し、このレースを勝たなくてはならないと思います。明日から出直して、このレースに勝つために戻って来たいと思います。」

C.スミヨン騎手(オルフェーヴル号騎乗)のコメント
    「今日は直線に向いてから追い出しての反応は良かったが、内にもたれてしまった。途中で右ムチに持ち替えたもののさらに内ラチに寄って行った。抜け出してから少しソラを使うような所があったかもしれない。ゴール直前でもう一度大きくよれてしまった。後から来ているのは分かっていたが残念だ。凱旋門賞でこれだけやれた日本の馬はいなかった。良くやった。先頭に立ったときは勝ったと思った。最後の50mで差し返されて、本当に残念だ。」
DSC_0010.JPG

う~む、
今回は、事前からかなりの感触があり、強豪馬2頭が直前で参戦離脱したこともあり、
前哨戦のファワ賞を勝っていたオルフェーブル君には、現地でも、「これは、勝たれるな」というムードだったのです。




凱旋門賞:
1着馬ソレミア(牝馬)の騎手は、オリビエ・ペリエ 騎手。
日本でもっとも馴染みの深い、ヨーロッパの騎手です。

ずっとまえから、
日本の競馬で、乗っていて、日本の大レースを勝ちまくっています。
ペリエマジックと言われる、その騎乗技術。凱旋門賞は確か4勝目と思います。

しかし、オルフェーブル君に騎乗したクリストフ・スミヨン 騎手も、凱旋門賞2勝の名手です。
ペリエ以来の天才と評判なのです。
ペリエの紹介で、日本でも最近騎乗しているのですね。特に大レースに強いのです


勝つために、日本の主戦:池添騎手ではなく、日本でも騎乗し馴染みのあるスミヨン騎手に依頼したのです。

着差 クビ。

オルフェーブル君お疲れ様。
(父:ステイゴールド)

☆☆
で、ですね、少し話題は小さくなりまして、国内です。

秋の天皇賞前哨戦 例年豪華メンバーのスーパーGⅡ
GⅡ毎日王冠(芝1800 メートル 東京競馬場)

 

124カレンブラックヒル 1:45.0
247ジャスタウェイ クビ
348マル地タッチミーノット クビ

優勝は三歳馬のカレンブラックヒル君、2着も三歳馬のジャスタウェイ君(超人気薄)でした。

単勝4 350円 1番人気 馬単4-7 14,650円 52番人気
複勝4
7
8
190円
1,170円
620円
2番人気
12番人気
8番人気
ワイド4-7
4-8
7-8
3,670円
1,930円
8,940円
43番人気
23番人気
72番人気
枠連2-4 3,700円 19番人気 3連複4-7-8 71,770円 190番人気
馬連4-7 12,640円 43番人気 3連単4-7-8 328,820円 871番人気

1着カレン・ブラックヒル君は、3歳で、これでナント、デビューから5連勝:負けなし、なのです。
古馬とは初対戦でしたが、有無をいわさず、ねじ伏せました。

前走は、3歳限定ですが、春のG1NHKマイルカップ。このとき、2着につけた着差は、レース史上2番目のもの。
一番差をつけてこのレースを勝ったのは、NHKマイルカップに続き東京優駿(日本ダービー)をも制した「キングカメハメハ」君。キンカメ君は、今は産駒が重賞レースを次々制する大種牡馬になっています(直近は先週のG1スプリンターズステークス優勝馬:ロードカナロアなど)。

じつは、カレンブラックヒル君のお父さんは、1200メートル中心の短距離界に、厳然とそびえ立つ大種牡馬「サクラバクシンオー」(サクラ 爆進 王)なのです。とにかく、その名のとおり、短距離のスピード遺伝が強く、どの産駒も、1200メートル以下でバク進し、どんどん勝ってしまうのです。
で、専門家の間では、1600メートル(マイル)までがぎりぎりの守備範囲と見られていたのです。

オルフェーブル君の父ステイゴールド、その父の父サンデーサイレンスなどは、万能といいますか、距離が長くっても多少短くてもどんどこ走るのですが、サクラバクシンオー産駒は、ほぼ全部、スタートからバク進してしまいますから、長い距離は不向き(長い距離での活躍馬⇒なし)と言われているのです。

毎日王冠GⅡは、芝1800メートル。
いくら強くとも、サクラバクシンオーの息子には、少し長いのではないか? というわけですね。
しかも、今回は、G1馬が他に6頭いて、それ以外の馬もGⅡなどの重賞で活躍している馬が多かったのですね。
周りも強いぞ、と。

しかし、強い馬は、強い。
ものの見事に課題をクリア。秋の天皇賞の最有力候補馬に踊り出ました。
なんと言いましても、未だに、「無敗」です。

☆☆
で、当方の少額馬券なのですが、

DSC_0007.JPG
ちっちゃくて見づらいのですが、11R
ワイドの4-1,7,8,9,10,11 都合6点600円です。
字をデカクしても、たったこれだけ。

凱旋門賞を語るにしてはあまりにみみっちい

ワイド4-7 3,670円  ワイド4-8 1,930円

それでも、おおおっ、
4-7、4-8のワイドがあたってるじゃん、と思いましたら、

レース、間違えました。

よく見ましたら、当方の買った馬券は、11Rには違いないのですが、京都11Rでした。

マークシート、塗り間違えたのですね。とほほ。
600円⇒5,600円のはずが・・・。
あああ~。

しかし、
かかしは、scarecrow.

普通ですと、これでアウトなのですが、きょうは、当方、少しついていたようなのです。
ウチを出る前に「キッパリ」のポーズをしたのが、良かったのか悪かったのか。

京都11レース 
1着5番 テイエムオオタカ
2着4番 エイシンホワイティ
3着10番 マコトナワラタナ

ワイド4-10 2,170円。

ナント、京都でも、4番が2着に入り、ワイドの4-10が的中していたのです。
買い間違えたせいで、2,170円とだいぶ減りましたが、投資額600ですから、+1500 です。

DSC_0009.JPG

+1500円は、カツオの刺身と、野菜サラダになりました。
野菜も、キャベツ丸かじりとか、レタス丼に入れてむしゃむしゃ、とかだけでなく、
たまには、こうした彩りで食べるのも良いものですね。

皆さんは、しませんか?
キャベツ丸かじり、レタス丼に入れてむしゃむしゃ。

ごちそうさまでした。

600円しか買わず、しかもレースを買い間違えて、なおかつプラス計上する、

このような芸当が毎回できれば、財布の中身も充実するでしょう。

ほんと、自分でも信じられないアホさ加減です。

☆☆
フランスの凱旋門賞は、本当に残念な結果に終わりましたが、残念だと思うのは、勝てると思うから。
善戦をヨシとするなら、コレ以上の善戦はありません。
30時間の長旅の末、フランスに遠征し、慣れないフランスで調教をこなし食事をし、世界一タフなコースを世界の一流馬と競って2400メートル走り、ゴール直前まで先頭で、クビ差2着。

8日の、スポーツ新聞の一面をデカデカと飾ることだけは、間違いありません。

よくやった、オルフェーブル君。
まあ、当方、愛国心は、そうないのですけれどもですね。

では また。


西新井sunny-side up の近況

京都11Rを買って、間違えて「東京」にマークするという、逆、でしたら、(小額ですが)かなり儲かっていたのですが、ですね。よく外れなかったものと思います。
オルフェーブル君 に拍手!
では。


競馬で英語リスニング:香港スプリント「ロードカナロアwon the race」 と、あとちょっと の巻 [主として競馬]

こんにちは、皆さん。

芋ようかんは、おいしいですね(いきなり、何のこっちゃ?)

005.JPG
2代目ノートパソコンと、芋ようかん
2代目も、どことなく、うれしそうですね。


☆☆
きょうは、国内では2歳牝馬によるG1レースがあったのですが、サプライズの大荒れで、皆さん、絶叫しておりました。

ときどきあるのですね、世相馬券、という競馬レースがですね。

今回の衆議院の解散は、一部で、サプライズ解散などと呼ばれているのですが、
このレースで、

1着 ローブディサージュは好走を予測された方も多かったものの、
2着 これが、まったくの人気薄といってよい「クロフネサプライズ」(父クロフネ)。
まさしく、サプライズ馬券となってしまいました。

アチコチから、「サプライズかあ!」という叫び声が。

しかも、3着も、実績馬ではなく、1戦1勝(わりと平凡な勝ちタイム)の、まったく未知数の馬レッドセインツ嬢でした。

1番人気~3番人気が、そろって馬券外でしたので、スンゴイ高配当でした、ですね。
当方の予想も、大はずれでした。




☆☆
で、ですね。
実は、きょうは、もうひとつ重大な競馬レースがあったのです。

国際競走です。

香港のシャンティン競馬場で、国際G1のレースが開催される日だったのですね。
香港カップ(芝2000m)、香港マイル(芝1600m)、香港スプリント(芝1200m)などですね。
日本からも、数頭が、この香港G1レースに挑戦しました。

なかでも、日本の競馬関係者・競馬ファンにとって一番期待が大きかったのが、香港スプリントに出るロードカナロア君雄4歳(父キングカメハメハ:父の父キングマンボ(イギリス))です。
先日の秋G1レース:スプリンターズステークスを勝ち、日本の新スプリント王になりました馬ですね。


香港スプリント
(Longines Hong Kong Sprint) レース動画
2012年12月9日、香港・沙田(シャンティン)競馬場、芝1200m、3歳以上、G1、12頭

1着:Lord Kanaloa(ロードカナロア:日本
(1.08.50) 牡4 騎手:Yasunari Iwata

2着:Cerise Cherry(2-1/2馬身)
3着:Captain Sweet(短アタマ)
4着:Joy And Fun(3/4馬身)
5着:Lucky Nine(短アタマ)

7着:Curren Chan(カレンチャン:日本

ロードカナロア君、
日本の岩田騎手のタズナで、見事、優勝しました!

カレンちゃんも頑張ったよね(追記なんですが)。

ぱちぱちぱち。

では、恒例の「競馬で英語リスニング」の時間です。
(いつから、恒例になったんじゃ!)



よく聴き取れましたですか?

ロードカナロア君、見事ですね。

しかし、

ああじゃこうじゃ言ってて、

ロードカナロアが勝った、というところしかわからんじゃないの!

あうっと。

☆☆
ここから、あとちょっと、です

きょう、当方は、例によりまして浅草へ出かけたのですが、浅草といえば、「浅草公会堂」というホールがありまして、その玄関前は、名物の、

「スターの手形」

というタイル地面になっていて、数多くのスターの手形が並んでいるのですね。

例えば、
桃屋といえばの、三木のり平さん。
(えっと、喜劇といえばの、ですね)

DSC_0316.jpg
スターの手形  三木のり平 さん

つい先日、惜しまれてなくなられた、歌舞伎の、勘三郎さん。

DSC_0318.jpg
スターの手形 中村勘三郎 さん

勘三郎さんの手形には、きょうは、花束が添えられていて、手を合わせる人も見受けられました。
合掌。


話は変わりますが、
このような浅草公会堂の、斜め前、「仲見世の角」にありますのが、

ご存知、
DSC_0312.jpg
DSC_0314.jpg

2326.jpg

芋ようかんやあんこ玉で有名な、舟和ですね。
浅草土産といえば、雷おこしか芋ようかん&あんこ玉か、というぐらいです。


芋ようかんを食べずして、浅草を語ることなかれ、とは、
かのクーベルタン男爵が

A.
だれか、止めてやってくれ!

もとい、徳川吉宗の好物が

B.
舟和は明治の創業で、明治30年代に芋ようかんを作ったんだ!
002.JPG

まあ、とにかくですね。
舟和で芋ようかんを買いまして、馬券ではマイナスでしたものの、体重をプラスにすべく、ばくばく食べながら、こちらを書いている、という次第なのですね。

005.JPG

ひと箱6本といっても、芋ようかんですから、一気食いも可能です。

もうかなり、あとちょっと、しましたので、このへんで。

では また。

次回以降は、英語のような話に戻ると思います。


西新井sunny-side up の近況

先のオルフェーブル凱旋門賞2着もそうですが、香港、シンガポールと、外国へ遠征して好結果を出す日本産馬もだいぶ増えてまいりました。

実は、オルフェーブルの父:ステイゴールドも、父サンデーサイレンス譲りの強い馬ではあったものの2着、3着が多く、国内ではG1を勝てず、引退レースに思い切って海外レースを選び、そこで勝利して種牡馬への確固たる道を築いたのでした。

騎手が乗って馬が走る競走ですから、「競馬」は基本的には世界共通ルールのレースなのですが、やはり遠い異国の地で強豪相手に走るというのは、馬も関係者もひときわ大変です。
今回のロードカナロアの遠征・勝利に、改めましてお祝いを申し上げたいと思います。
では。


自信度200% 雑草がプリンスに勝った! で、当方の本命は? の巻 [主として競馬]

自信度200%。
予想されていたこととはいえ、民主党の
大物議員が次々と、落選していますね。真紀子さんまで選挙区で落ちるとは!

ではなくて、ですね。
自信度200%なのは、
3歳朝日杯フューチャリティステークスG1レースの、
当方の本命馬2戦2勝ゴットフリート君です。

最後の直線、彼は猛然と追い込んできました。届くのか?突き抜けられるのか?

先に抜け出したのは、2頭。

一頭は、もちろん、プリンスとして勝利を期待された、3戦3勝無敗:断然の1番人気(単勝1.4倍)を背負うコディーノ殿下(父キングカメハメハ→カメハメハ大王のお子様なので殿下とお呼びするのがふさわしい)で、

もう一頭は、

ロゴタイプ君!!

見事、コディーノ殿下に競り勝ちました。




えっと、ロゴタイプ君って、どちら様でしたでしょうか?

5戦2勝、3着1回、4着2回(札幌2歳ステークスでは1着コディーノ殿下の4着)。
?番人気だった・・・ですか。

あわてて新聞を読み直しますと、イタリアの名手ミルコ・デムーロ騎手に乗り代わって、前走は東京のマイル戦を2歳レコードで勝った!ですと。
意外や意外、すごい子なのですね、プラス世界の名手つき。


で、どちらからおこしで?

ローエングリン(リンク)、母ステレオタイプ、母の父サンデーサイレンス
父ローエングリンの父は、ジャパンカップを勝った英国馬シングスピール。

ローエングリンはついにG1レースを勝てなかったのですが、シングスピールの後継種牡馬となっていたのですね。
生産は、社台ファーム、馬主は社台グループの総帥吉田照哉さん。
ソウデシタデスカ。


あのう、
それって、もしかしまして、
当方の本命馬ゴットフリート君(父ローエングリン、母マチカネエンジイロ、母の父サンデーサイレンス 生産は社台グループのノーザンファーム)と、わりかしおんなじなんじゃないの?
お父さんは同じだし、お母さんは違うけど、どちらもサンデーサイレンスの仔だし。

そうなんです。庶民代表の子(もともとはイギリスの名血の子孫ですが)は、2頭いたのです。

勝ったのは、敗北を経験し糧とした方の、ロゴタイプ君。
イタリアの名手デムーロ騎手の好騎乗もありましたが、ですね。


無敗のゴットフリート君は、追い込み届かず、3着でした。

ということは?

1211.jpg
当方の小額投資馬券は、おもいっきし空振りです。
なぜか3-5のワイドは買わず。
マイナス1200円。

単勝 14 3,450円 7番人気 馬単 14-5 7,770円 18番人気
複勝 14
5
3
450円
110円
280円
7番人気
1番人気
4番人気
ワイド 5-14
3-14
3-5
660円
2,270円
360円
6番人気
23番人気
3番人気
枠連 3-7 1,380円 7番人気 3連複 3-5-14 4,530円 14番人気
馬連 5-14 1,560円 6番人気 3連単 14-5-3 54,880円 146番人気


結果です。
ゴットフリート君は4番人気、ロゴタイプ君は7番人気だったのですね。
ゴットフリート君とコディーノ殿下を2頭軸にして流していれば・・・などと言っていたのではキリがありません。
まあ、ゴットフリート君の複勝馬券だけを買えば、2.8倍にはなったのですが、ですね。


しか~し、
かかしはSCARECROW

まだ、最終レースが残されていたのでした。

えっ、まだやるの?

DSC_0371.jpg
投資1200円。
大外18番のレディオブパーシャ嬢(かなり人気)が豪快に差しきる、とみました。
相手も外のほうの枠の馬だろうと、ですね。

1212.jpg

写真判定の末、直線猛追した18番が、なんとか2着を死守。
馬連16ー18、枠連8-8 ともに当りました。

ふいっ~~~。
払い戻しは、約9700円でした。
これで、2400円投資で、プラス7000円弱。

あ~~っと、
今、おせんべいを食べていて、前歯が欠けました!!

歯欠けsunny です。

DSC_0374.jpg

こちらだけを食べておけばよかった、かも?

競馬はドラマですね。
予想はなかなか当りませんが、パフェ以上に後を引きますね。
なかなかキッパリやめられません。

では また。

西新井sunny-side up の近況

熱はなんとか下がりましたが、ボロ市には行けませんでした(→競馬を最終レースまでやるからじゃ!)。
おまけに歯が欠けまして、しまりがありません。
やはり、「ギャンブル」と「おせんべい」はほどほどにしませんと、歯が欠けて・・・。

今後20年ぐらいは国民の民主党アレルギーは消えず、民主党という政党は、いかに連合の後押しがあったとしても、来年の参議院議員選挙後に、消滅の方向に向かうのではないか、そういう感じもしますね。
では。

追記:
夜中に、少し、別の本を読んでみました。
このシリーズは、子供たちの会話もいきいきとしていて、けっこう、いいかも。
まず、第1巻を入手しないと・・・・。

DSC_0375.jpg

3211.jpg

1336.jpg

こういう児童書をどんどこ読みますと、楽しみながら、日常英語に強くなりますね。
sick all over me は、「吐いて、ゲロを私にぶちまけた」という感じですね。
やさしい~で、後日紹介予定、です。
追記ですが では また。


前の10件 | - 主として競馬 ブログトップ