So-net無料ブログ作成
検索選択
英文TANKA ブログトップ

英文TANKA [英文TANKA]

今、いくつかのブログに、夢中になっています。
主に、essay(エッセイ)のようなブログです。

そのブログの一つに、
Serendipity」 (楽天ブログ)、があります。
この単語は、初めて知りました。
(私の読む児童書には、まず出てきません)

「アクセス数が急増」しているようですので、既にご存知の方も、多くおられるかと思います。
  
このブログの中には、いまのお気持ちや、思い出などの、あたたかいことばとともに、
ときどき、洋楽の歌手の歌がYou Tube 動画(英文字幕つき)で、登場します。
例えば、
 ミランダ・ランバートの The House That Built Me という曲も、そんな「懐かしい場所」をテーマにした歌です。この曲では、自分が育った家について歌われています。
The House That Built Me (YouTubeの動画へのリンク)

という感じです。
ブログ本文全体は、もっと素敵なので、詳しくはブログをお読み下さい。
(トラックバックの仕方がわからないので、勝手に引用してすみません。私だけ閲覧禁止にされないよう祈っています。)


そこで、ですね。
どうして、特に今回、「Serendipity」(ブログ)のお話をしたかと申しますと、
このブログを読んで、さらに動画の歌詞を見ていて、ですね、
ハタッ と思ったのです。

英文TANKA(国際TANKA)、を思いだしたんですね。
(A:タイトルにあるから・・・しってたぜ)
(B:はやく話を終わらせたら)
(C::とりあえず、先を読んでみようか) 

短歌というのは、ご存知のように、
昔でいうと万葉集とか、古今和歌集、百人一首などに集録されている和歌で、
五・七・五・七・七 の形式に則ったものです。

だいぶ以前に、「サラダ記念日」(俵万智 歌集)で、
現代の口語短歌が脚光をあびたこともありました。

「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日
(俵万智)

今は、どちらかといえば、
俳句(五・七・五形式で、季語が入っているもの)
の方がポピュラーかと思いますが、

私は、個人的に、短歌の方を好んでいます。
    はたち
その子二十櫛にながるる黒髪のおごりの春のうつくしきかな
やは肌のあつき血汐にふれも見でさびしからずや道を説く君
     (与謝野晶子 歌集「みだれ髪」明治34年 より)

その短歌が、だいぶ以前から、国際的な発展をとげまして、
諸外国で、「TANKA」として、詠われているんですね。
日本でも、国際短歌大会が既に十数年、開催されています。
(当初から、マドモアゼル・愛さんの「星と森」という会社が主催・後援しています。)

手元に、1998年発行の「アンドラへの歌便り」(宿谷睦夫)という歌集本があるのですが
(日本語の短歌と、英文TANKAが、それぞれ載っています)、
これの最初に、
宿谷(しゅくや)さんと、
JAMES KIRKUPさんという国際的なTANKAの推進者の方との
短歌―返歌が載っているんですね。
短歌ー返歌の法則を無視して申し訳ないのですが、
そのJAMESさんの返歌の方だけを紹介しますと、

なれ           まなびや       かよひじ
汝ともに花見するごと学舎の庭や駅への通路に咲く

これが英文TANKAになるとですね、
I felt I had walked
with you in your hometown ,and
accompanied you to school. or to the station,
viewing blossoms everywhere.
となっているわけです。

本来日本語の短歌を、英語(外国語の代表として)で表現すると、
若干無理が生じるかな、というのが、実感なんです。
最近のTANKA事情には疎いんですが。

英語を少しかじった今ですと、正直、そう思えます。
短歌は、日本語というものの特徴を、最大限に生かした表現形式なのですから。

それで何が言いたいのか、というと、
英語に関してですが、

日本の短歌にもっとも近い感銘を受けるのが、
英語の「歌詞」ではないか、と思うわけです。

頭に浮かんでくる印象的な歌詞は、多いですよね。
ひとまとめ(文ないし言葉)、は短く凝縮されています。
英語の特徴を生かした、表現形式になっているわけです。
韻がふまれることも多いと思います。
誰にも、忘れられない、お気に入りの歌詞(英文歌詞)があると思います。

 詠んでみたいですね。TANKA
こころに残る、Short Song
万葉集のように、千年~二千年受け継がれてゆく
Forever Short Song
(君がいなくなってしまっても)、Don't stop me now

というような、とりとめのないことを、ブログと動画を見ていて、
感じたんですね。

だから、どう、ということはないんですが、
改めて、それぞれの言葉への愛着がわいたというか、

日本語って素敵だな
英語もけっこう素敵だな
と思った次第です。
(長々書いて、何だ、そんなことか)。

いつか、英語で、短歌的に表現してみたいですね。
TANKA
(いつか…ですね)

西新井sunny-side upの近況

本日getした本8冊
Paddington in the kitchen (Michael Bond 小さい絵本)
FEARLESS vol. 1  (FRANCINE PASCAL)
SWEET VALLY HIGH vol. 1,2  (FRANCINE PASCAL)
Baby  (Patricia MacLachlan)
STANLEY, FLAT AGAIN!  (Jeff Brown)
The Scarecrow and his Servant  (PHILIP PULLMAN)
A to Z Mysteries  The Jaguar’s Jewel (Ron Roy)
WARRIORS vol. 1  INTO THE WILD  (ERIN HUNTER)
特に、Baby と WARRIORS は、読むのが待ち遠しいです。

コメントを下さる方は、よろしくお願いします。


英文TANKA ブログトップ