So-net無料ブログ作成
検索選択

Vassilissa the beautiful ロシア童話 の巻 [一日1分やさしい洋書の話]

皆さん、こんにちは。

ロシアの御伽噺というか、童話というか、fairy tale に、Vassilissa the Beautiful 別名 Vassilissa's Doll というのが、あるらしいのですね。

Wikipedia Vassilissa the beautiful (リンク) に、
この民話:童話の説明と、主なストーリーの要約があったのです。

ウィキペディア うるわしのワシリーサ(リンク)に、
日本語での説明・要約もあったのです。

☆☆

Vasilisa the Beautiful at the Hut of Baba Yaga, by Ivan Bilibin

この不思議な挿絵を描いている方は、Ivan Bilibin(外部リンク) さんというロシアの画家の方ですね。

A merchant had, by his first wife, a single daughter, who was known as Vasilisa ("Βασίλισσα", meaning Queen in Greek) the Beautiful.

When she was eight years old, her mother died. On her deathbed, she gave Vasilisa a tiny wooden doll with instructions to give it a little to eat and a little to drink if she were in need, and then it would help her.

商人は妻と娘のワシリーサと暮らしていた。ワシリーサが8歳の時母親が病気で死んでしまうが、母親は亡くなる間際にワシリーサに木の人形を渡し、困ったときには人形に食事を与えて相談するよういった。

As soon as her mother died, Vasilisa gave it a little to drink and a little to eat, and it comforted her.

After a time, her father remarried to a woman with two daughters.

Her stepmother was very cruel to her, but with the help of the doll, Vasilisa was able to perform all the tasks imposed on her.

When young men came wooing, the stepmother rejected them all because it was not proper for the younger to marry before the older, and none of the suitors wished to marry Vasilisa's stepsisters.

妻を亡くした商人は再婚をするが、相手は2人の娘を持つ意地悪な女性だった。継母はワシリーサに仕事を押し付けるが、人形の助けを借りることでこなすことができた。結婚する年頃になり、ワシリーサと結婚したいという若者が現れても、継母は自分の娘たちよりも先に結婚はさせないと断っていた。しかし継母の娘と結婚する者は現れなかった。


☆☆
えっとですね。
当方は、「要約、あら筋がキライ」ですので、

ここまでで、筋はおしまいです。

WIKIPEDIA & ウィキペディアには、もっと載っていますね。

(以下、略) 

Baba Yaga in her mortar, by Ivan Bilibin

けっこう、印象的な絵なのですね。

☆☆
で、ですね。

勝手な感想ですが、何となく、面白そうなんですね。
読んでみたい気がするわけです
(⇒当方が、です!)。

でも、自分だけで「こっそり」読むだけは、なんとなく申し訳ない気がするわけです。
「1日1分やさしい洋書」などといって、皆様にも物語をオススメしている身としては、ですね。

そういうわけで、ですね。
1日1分に、新たに、「Beautiful Vssilissa 」(Vassilissa the beautiful)をお送りしようと思った次第です。

で、もう、本日20日スタートなのです。午後9時ぐらい。

がっはっはっはっ。

笑っている場合じゃないんですが、今回は、その予告なのですね。

まさかの、当日予告!


またまた、しつこく2本立て。

まあ、一つだけですと、「それがどうも・・・」という場合は、困るわけですね。

「つまらなかったら、読むのをヤメる」というのが、いわゆる多読の原則で、当方も、「どうも、これは・・・」という物語は、10ページでヤメたり、などしていたわけです。

例えば、有名な「チャーリーとチョコレート工場」(ロアルド・ダール)は、工場へ行く前の段階で、読む気をなくしました。
どうにも、風刺が効きすぎている気がしたのですね。

当方のセレクトする物語は、
当方がたまたま入手できた物語&好みの物語ですから、感性の異なる諸氏にとっては「これは、どうも・・・」的な場合も、当然あるわけですね。

アリババがなぜか大人気でしたように、予測を上回る人気のものもあれば、残念いまいちのものもあるわけです。 

これは、まあ、ですね、
もう第1回目をタイプしてしまった、単なる言い訳なんですけれども、ですね。

というわけで、今回は、

1日1分やさしい洋書
Beautiful Vssilissa 予告編
 でした。
最後まで面白い物語だと、いいのですが、ですね。

やさしい洋書を楽しく読もうは、中断したままですが、
現在代わりとなっております「1日1分やさしい洋書」。

ときどきですが、ブログの宣伝に、あい努めております。

では また。


西新井sunny-side up の近況

もし食事時でしたら申し訳ないのですが、
最近、西新井城(別名:ボコアパート)には、マウス君が出没しておりまして、昨日、子供マウス2名を、苦難の末、逮捕しました。
子供マウスがいるということは、親御さんもいるわけですね。ねずみ算で増えるとしますと、別の子供マウスもいる可能性が大です。
Disney に傾倒したのが、いけなかったのかもしません。ミッキーのお友達が大挙して押し寄せてしまったのかもしれないのですね。
早急に、マイス対策をしませんと、家でパレードをされるようになる可能性も。

20 - 1.jpg
左の「ところてん豆富」(若しくは麺豆富)は、新機軸ですね。
当方の食事用で、マウスの餌ではありません。

では。

nice!(9)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 9

コメント 10

大林 森

ねずみ!((((゜Д゜;))))!!た、大変ですね・・・。我が家は今回、おコメがやられてしまいました・・・。(>_<)暑かったからでしょうか?とほほー。
by 大林 森 (2012-09-21 12:29) 

足立sunny

大林 森 さんへ。
お米ですか!!
ネズミの好物を検討してみたのですが、第一が小麦粉で、どうもチーズは好きでない気がするのです。お米も好物みたいですね。日本にはずっとチーズがなかったので、日本らしい食生活になったのでしょうか、ねずみも。
現在、パレード防止のため、ゴキブリホイホイのネズミ版(接着捕獲用)をドンキホーテで大量購入予定です。かわいそうですが、ですね。
by 足立sunny (2012-09-21 17:51) 

電個

こんばんは。

 「How to catch a mouse」で、検索すると
  世界中の英知でねずみ君を保護する方法が
  学べます。
by 電個 (2012-09-21 22:36) 

秋川滝美

マウス・・ミュンヘンの地下鉄で頻繁に見ました。
なるほど西新井も・・びっくり。
それはさすがに対策しないと!!
by 秋川滝美 (2012-09-22 18:44) 

足立sunny

電個さんへ。
またまた”英語ネタコメント”ありがとうございます。

次回の西新井ブログの記事は、how to catch a mouse を筆頭に、 「脅威のHow to ~検索 をやってみた」で行こうと思います。
安直だなあ、とお思いでしょうが、休日出勤&熱発のため、他に思いつきませんので・・・。22日21時まで残業のうえ、23日も出勤予定なので、いつ出来るのだが?、なのですが。
by 足立sunny (2012-09-23 02:34) 

足立sunny

秋川 滝美さんへ。

コメントありがとうございます。作家の方からいただくコメントは、これでお2人目となりました。

他の方のブログでは、せいぜい玄関先にアブラムシ多量発生ぐらいが「ううう状態」なのですが、ついに、「風雲西新井城 sunny対マウス一家 ほんにゃら大戦争の巻」となってしまいました。
ついさきほど、少し大きい親ネズミらしき影が、本棚の隙間から・・・。

ミュンヘンの地下鉄の駅ですか!
もし、この情報がバレたら、ふじだしょうこさんが、気絶されるかもしれませんね。ドイツ語学習中でドイツに傾倒されておられます。

実は、けっこう、マウス主人公の物語は大好きで、集めていたりするのですね。
一番のお気に入りは、マウスシティで新聞社を経営する「ジェロニモ君」という人物(マウス君ですね)の冒険&へんてこ物語なのですが。
マウス一家が当方に親近感を抱いてしまったのかも、と思い、若干悩んでおります。

by 足立sunny (2012-09-23 02:51) 

ソニックマイヅル

とうふ類は大好物な私でございます。今日も鍋をして食べようと思っております。^^;
by ソニックマイヅル (2012-09-23 18:21) 

足立sunny

ソニックマイヅルさんへ。
ありがとうございます。
とうふなのですが、どうも、「とびきり美味しい」「これを食べていれば満足」という「おとうふ」に、都内では、なかなか行き当たらないのですね。
この三代目茂蔵豆富は、他のおとうふと比較しますと美味しい方なのですが、ですね。
地場のおいしいお水を使った、おいしいおとうふが食べたい、と強く思います今日この頃です。
by 足立sunny (2012-09-23 20:01) 

グリンクリン

ねずみ ! の大好物 母がスルメをかじられたと見せてくれたことがあります(八王子で20年前)
花屋さんでも花の蕾を食べているのを見たことがあります(市川で10年前)
by グリンクリン (2012-09-25 05:04) 

足立sunny

グリンクリンさんへ。
こんにちは、です。
スルメにお花ということは、えええっと、我々「人」の好物とあまり変わらない、ということでしょうか。
あとは、何でも硬いものをガリガリするのは好きなようですね。歯研ぎ、かもしれませんが。
雑食なのは確かだと思うのですが、「ナマの粉」とか「虫」とか、人より更に、食べられる範囲が、相当広い気はします。

早く何とかしませんと。西新井城は、Mouse軍団の前に陥落寸前です。

by 足立sunny (2012-09-28 06:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0