So-net無料ブログ作成
検索選択

アマゾンで「ポチッ」と、洋書絵本トーナメントの巻

アマゾンで「ポチッ」と、洋書絵本トーナメントの巻

実はですね、以前から何度か応援お願いキャンペーンを行ってまいりました、日本ブログ村の「記事トーナメント」なのですが、ちょっと前にですね、「洋書絵本トーナメント」というのがあったのです。

これはですね、当方、洋書絵本やさんみたいなもの、ですから、参加しないわけにはゆきません。
で、まあ、参加したわけです。

洋書絵本の記事トーナメントなので、少し参加人数が少なかったのですが、優勝されたのは、「逆光の自転車屋」さんの書かれた「☆ろばのとしょかん」という記事でした。

これがスンゴク面白そうな絵本なんですね。

この方のブログは、「図書館」と「自転車」に関する記述を、あらゆる本の中からサーチし収集して、批評を加えるという、超レア奇跡的なブログなのですね。

当方の記事「Biscuit woof woof」は、かわしいPappyのbiscuit 君が登場するのですが、準決勝で、「☆ろばのとしょかん」記事に敗れまして、同率の第3位。

他にも、ちょっと例を見ないぐらい、粒ぞろいの記事が揃いました。
みなさんにもご覧いただきたくて、これを書いているわけです。

やはりですね。

フダン、日本ブログ村とは無縁の方も多いと思われますから、このような洋書絵本もあるんだ、ということで、ご紹介しなければと思い至った次第です。

ブログ紹介家?としてはですね。

で、ですね。
アマゾンで、何を「ポチッ」しましたかは、おそらく、そのうち出てまいります。

まずは、記事トーナメントの結果を一覧で。
当方も、初めて聞く絵本がほとんどで、ものすごく感激いたしました。

☆☆
日本ブログ村:記事トーナメント 「洋書絵本トーナメント」結果一覧。

注意のお知らせ:
以下のブログ名をぽちっとしますと、そのブログ記事に飛びますが、「このブログ」に帰ってこれません。再度ご訪問していただくことになります。
記事自体へのリンク設定が当方のオツムにはチョベリ難しかったのでブログ村のを流用しました。宜しく、ご理解下さい

優勝jacksbeansさんのプロフィール
  • ☆ろばのとしょかん
  • ろばのとしょかん  ジャネット・ウィンター(絵と文)Deep in the jungles of Columbia, there lives a man who loves books. His name is Luis.As soon as he reads one book, he brings home another. Soon the house is filled with books. His wife, Diana, grumbles.コロ
  • 逆光の自転車屋 (bicycles in fiction)
準優勝nako-toさんのプロフィール
  • はじめての絵本
  • 家内です。アメリカの写真家、タナ?ホーバンの知育絵本『White on Black』。黒の背景に白く浮かび上がる、哺乳瓶、ボタン、りんごなど様々なもののシルエット。赤ちゃんのファーストブックとして作られている、文字もないシンプルな一冊です。この本を購入したのは、趣味で絵
  • なこと。
3位足立sunnyさんのプロフィール
  • Biscuit woof woof
  • どこかで犬の鳴き声が・・・ woof woof、というわけで、今回は、I Can Read !(Harper Trophy )のなかから、私の大好きなワンちゃんの「Biscuit」シリーズ(My First レベル)を、ご紹介します。この「Biscuit」君シリーズは、biscuit board books 版もたくさん出ていますの
  • やさしい洋書を楽しく読もう
3位トートさんのプロフィール
  • カンガルーのぼうけん
  • こんにちは、Tote です。お待たせしました。今日から、特集中の絵本のご紹介をしていきます。まずは、レトロポップなピクシー絵本「カンガルーのぼうけん(Känguruh-Abenteuer)」です。かわいくてユーモラス、元気なカンガルーの親子のお話です。動物...
  • BOOKCOURiER「ブッククーリエ」店長日記
5位fuminaさんのプロフィール
  • イメージの魔術師 エロール・ル・カイン
  • エロール・ル・カインの描く世界が好きです。学生時代に読んだ、さくらももこの「憧れのまほうつかい」で知ったのだけど久しぶりに画集をみたら、世界観に圧倒された。私も今や縁あって、童話の絵のお仕事もしているけど見てるとモチベーションが上ってくる。47歳で亡くなられ
  • FUMINA☆BLOG2 ~猫とグラフィックデザインと私~

5位kgmasaさんのプロフィール
  • 現地語の無料絵本
  • 今日は、現地語の絵本の話。南アの公用語は、11。一部に似た言語がいくつかあるとはいえ、それぞれ独立した言語として国に認められています。教科書もGr.3までは、それぞれの現地語で書かれたものを使っていますし、Gr.4以降も現地語の時間を設けられています。もちろん絵
  • 虹の国へ-日々を楽しんだり嘆いたりしちゃったりして-
5位ゆみうささんのプロフィール
  • サラ・ミッダ
  • 大好きな英国アーティスト、サラ・ミッダ彼女の作品は、一つ一つが本当に愛らしくて可愛いんです。南仏生活を描いたスケッチブックは、眺めてるだけでほんわかしちゃいます  『おとなになること』イラストもステキだけど、文章も好きなんです(訳:江國香織さん)。“おぼえ
  • ☆NATURAL HAPPY☆
5位B.TSUKINOさんのプロフィール
  • Pekka Says Go! (ぴかくん めをまわす)
  • Pekka Says Go!(ぴかくん めをまわす)我らが長新太さん!不世出の作家だと思う。唯一無二の存在だと思う。それなのに、不思議なことに、欧米での知名度はあまり高くないらしい。あの独特の調子が、欧米人には理解できないのだろうか?2010年に国際こども図書館で開かれた『日
  • 月野ホネ/ブックレポート

☆☆
で、ですね。

あまりに面白そうだったので、「☆ろばのとしょかん」の本を、アマゾンでカートに入れようかなあ、と思っていましたら、無意識のうちに入れていたんですね。

実は、ですね。
アマゾンで「ポチッ」としましたのは、
”When the Wind Blows"
Briggs, Raymond; ペーパーバック; ¥ 1,036
という本一冊です。

Raymond Briggs 
Father Christmas , Snowman の作者です。ブログのコメントで、tabbyさんからこの本のお話を聞きまして、当方のウチにもないものですから、「ソクポチツ」をしたのです。

「ランキングバナー」の即ポチッは、当方、常に歓迎です。

大きな洋書本棚など、モノスゴク、ポチッとしやすいかと思います。
季節外れのスイカも、ポチッする誘惑に駆られますね。
FC2は、ファンにはたまらなく押してみたくなる、そんなマークです。

さて、と。

で、レジに進みましたら、なんと 4400円

魔法のカートで、値段が4倍。アレレのレ。

昔昔、ついつい、カートに入れっぱなしの本があったのですね。

(1)"Flat Stanley"
Brown, Jeff; ペーパーバック; ¥ 743
販売: Amazon.com Int'l Sales, Inc.
かえるの「ピョン吉」みたいにフラットになるatanley君の話ですが、昔もっていたのに、どっか行ってしまったのです(シリーズのあと2巻はちゃんとあるのですが)。
「やさしい洋書を楽しく読もう」でご紹介するのに、第1巻がなくては・・・と思いましてカートに入れといたのです。買いました。
お届け予定日: 2011年10月27日 - 2011年11月4日

(2)
"Biblioburro: A True Story from Colombia"
Winter, Jeanette; ハードカバー; ¥ 1,475
どうもですね、この絵本の中に、さきほどご紹介した「☆ろばのとしょかん」があったような気がするわけです。まあ、これだと思うのですが。

気がするわけですというのは、ボーとしてカートにいれていますから、ボーとして記憶にないわけですね。
注文ポチツして代金を支払いましたので、届くと、正確に判明する次第です。

(3)
"Franny K. Stein's Crate of Danger (Boxed Set): Lunch Walks Among Us; Attack of the 50-Ft. Cupid; The Invisible Fran; The Fran That Time Forgot (Franny"
Benton, Jim; ペーパーバック; ¥ 1,153

これがどんな本かですって?

当方、全く、知りません。きっぱり!

イエ、忘れました。

どんな本なのでしょう?

これ、本当に、どんな本だッたか忘れてしまったのです。面白そうだったのでアマゾンでカートに入れておいたのみたいなのですね。
ポチしたら、自動的に注文されました。でも、届くのが楽しみ、です。Boxed Setでお買い得な気がします。

で、結局のところ、4冊(ウチ一つはボックスセット)ポチツしたことになりまして、4400円は妥当なお値段と判明した次第です。

☆☆
しかし、アマゾンのポチツは危険です。

エエトですね、いくら当方がビンボウでも、4400円が危険だと申し上げているわけではありません。
4400円は、それほど危険ではありません。

小危険です。

危険なんかい!!

危険なのは、ほんとに手軽に、物が手に入るということです。

夜、午前0時。
あなたは、どうにも眠れません。
羊を数えても、ふさふさした毛の一本一本が、鮮明に頭に浮かんでしまいます。

仕方なく、
グーグルで、「安眠」を検索しました。

安眠まくら

安眠グッズ

安眠絵本

ポチツの世界です。あなたの前には誘惑がいっぱい。

まあ、当方のような貧乏には、高額商品は手が出ないので、本以外は心配要らないのですが、
ネット通販は、アマゾンでなくとも、
慎重にされることが望まれます。

ですから、当方、なるべくアマゾンに行かないようにしているのです。

ヤフーのオークションも同様です。
先週、洋書絵本CD2件落札で、計2400円。お買い得です。
しかし、こちらは高額英語商品もあり、また、当方の好きな「カメラオークション」は大大大大危険です。ほっしい物がズラリ並んでいます。

最近は、ブックオフも、毎日行くことを止め、週3回以上行かないようにしています。

新刊書店は、なるべく前を素通りします。決して文庫棚には近づきません。

高田書店にも、週に6日しか行っておりません(毎週火曜日定休)。

本を買わないようにするのは、至難の技です。
エベレスト級の忍耐力を必要とします。

皆さんは、どうか、楽しい本屋さん生活をお送り下さいますように。
週に2~3冊でしたら、心の洗濯です。
有益な知識の詰まった雑誌や、面白い雑誌は、生活必需品です。
年間にしても、100冊ぐらいしか溜まりません。

では また。


sunny-side up の近況

電磁プレートの調理を一時断念して、「万能電気鍋」を購入。
電気調理が可能となりました。
少し水量が足りませんが、なんとか、うどんもゆでられます。うどんは、水の量を非常に多くしてゆでないと、おいしくできないのです。
うどんだけには、真剣です、当方。

あとは、お肉を焼くのと、目玉焼きを作るのと、「何でも具」の味噌汁を作るだけですから、万能電気鍋で十分です。

壁に貼る、生徒募集のポスターと言うか、張り紙というか、を早急に作る必要があります。
前に、窓に貼っていた、「洋書絵本の集合表紙」約20枚、誰かがゴソッと持っていってしまいました。

自分で言うのも何なのですが、イロイロと面白い表紙を組み合わせましたから、けっこう楽しい「集合表紙」だったのですね。

道行く人には、好評でした。本屋さんとして。

朝起きてみたら、窓、キレイサッパリ。
強力接着で取りずらかったドアのところだけ、残っています。

以来、普通の窓のままです。

もう一度、洋書絵本の表紙集合写真をカラーコピーして作るか、キャノンのプリンターでコピーして(ウチにあるやつですが)、再びキレイに、貼りたいと思っています。

で、その中に、「生徒募集」と「英語教室」をレイアウトして。

考えていると構図が難しいので、なかなか実行に移せていません。
今週こそ、完成させたいと思っています。

皆様にも、何かとご心配をおかけしているので、少し本格的に教室らしく活動しなければなりません。
ただ看板出しただけ、では、いけませんですね。
ただ看板出しただけ、で既に半年。キチンとしなければ。
 

 

 


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 5

angel

大変なところ笑ってしまってすみません。そのポスターが今度は駅に張られているかも?!いや、大変ですね。

長新太さんはいいですよね。親子で大好きです。もう新刊がでないと思うと残念でたまりません。私はキャベツ君が大好きです。最初に買った長さんの絵本です。

うどんばかりじゃだめですよ。
by angel (2011-10-27 00:24) 

足立sunny

angelさん、こんばんは、です。
今回の絵本の記事、日本ブログ村に出入りしてトーナメント参加していないと人の目にふれないので、もったいないな、と思ったのです。
それぞれ、いい絵本が多かったのです。
長新太さん、ファンの方が多いですね。改めて、ビックリしました。当方は、あまり読んでないのですが・・・。キャベツ君は、ファンの方イチオシみたいですね。
ここで紹介されている本も面白かったです。

絵本表紙の集合モノは、再度、貼っておきました。ついでに、ブログのコピーも。

次郎柿が出回りましたので、ウドン+カキで、しばらく乗りきりたいと思います。
by 足立sunny (2011-10-27 03:02) 

jacksbeans

トラックバック、ありがとうございました。
しかしこりゃあ、褒め上手なブログですこと^^
わたしも東京なら、SUNNYーSIDE UP教室に入らせていただくのになあ。
by jacksbeans (2011-10-29 08:47) 

足立sunny

jacksbeansさん、こんにちは、です。

もっともっと激賞しようと思ったのですが、ボキャブラリが足りませんでした。
それにしても、どうやって、「自転車」と「図書館」の書いてある本を探されているのか、サッパリ見当がつきません。
膨大な量の本を読んでおられるとしか思えませんが、ホントに奇跡的な技です。
まだ、届かないのですが、アマゾンで注文した本が届くのが楽しみです。
これからも、ステキな記事で、楽しませて下さい。
by 足立sunny (2011-10-30 16:40) 

足立sunny

マチャさん、ありがとうございます。
どうにか、窓も張替えを終えました。
これから、少し、宣伝をしなければ。

今回の絵本は、本当に、どれもオススメです。
by 足立sunny (2011-10-30 16:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0